IMG_0335_201711211539339fe.jpg

東京マルイのフェラーリ365GT4 BBインチキスロットカー完成しました。
結構なお宝キットなんだと思われますが、友人のベースマンしろくまさんからのいただき物です。
crusherpon-img600x337-1408198717jsgsul6388.jpg

このキット、ライトに麦球(懐かしい…)仕込んだり、ドアの開閉あり、そしてモーターライズと、ギミックてんこ盛りです。
実は僕はこのキットの車両を知らなく、365GT4 BBってこんなんじゃないよなぁ~と不思議に思っておりました。
で、今の時代は便利ですね、ネットでチョコチョコ調べたら、レース車両みたいだと言う事が判明いたしました。
North American Racing Team で走らせてたと判明して、ネットで画像を漁ってデカールでっち上げて作ることにしたのです。

モーターライズそのままでも面白いんですが、最近楽しくなっちゃってるスロットカーにしようかと目論んでおりましたら、なんと一緒のサーキットで遊んでるノブさんがニチモのキットを持ってて、死亡デカールからデカール起こせないかなぁ~?との相談を受けました。
こういうの世間では「渡りに船」と言うわけでございまして、デカールを拝借してつくったのでした。
ただ、ノブさんはこの車両の所謂「ガチ」なスロットカーを作るらしいので、かぶってもアレですから、僕は得意のインチキ仕様にする事にしました。
まずは、電池ボックスカット!
IMG_0267.jpg

IMG_0268_201711211538147a9.jpg

ボディを被せてみましたら、古いキットのせいか、やや「事故車」でありまして、このままでは流石にアレですので、サイドシルっぽくプラ棒で補強を入れて強制的に歪みを正してやりました。
IMG_0309.jpg

ただ、この歪みの他は結構なヒケはあるものの、パーツの合いは良好で、ちゃんとドア開閉も出来るようにしたギミック満載で作った方が良かったかもなぁ~と現在やや後悔しております(笑)

まあ、手を動かしてるうちは諸々すっ飛ばしてフロントのステアは無視して軸通しましたがね…
でシャシーはこんな風に完成させました。
IMG_0328.jpg

ボディの塗装はといいますと・・・・
IMG_0316.jpg
ザーッとペーパー当てて、サフ→白にしまして、白地のデカールが貼られる個所をマスキングします。
IMG_0317.jpg
その後赤に塗りました。
今回はクレオスのモンザレッドで塗装してます。
IMG_0318.jpg
ちょっとは失敗もありましたが、まあまあの出来で塗れました。
毎度思いますがこのハゲチャビンな塗り上がりについ笑ってしまいます。
ですがデカール貼るうちにらしくなって行くのが結構好きなんです!
IMG_0319.jpg
クリアコートして、諸々取り付け、完成としました。
ヘッドライトのカバーの周りに銀色のテープらしきものが実車の画像にありまして、マスキングテープを銀で塗装した後、細切りして貼ってます。
手を入れたと言えばそれだけです(笑)
なんとも気楽にいっております!

と、そんな作業中にFacebookで素晴らしい作品を知る事になります!
キットはニチモのものらしいですが、ほぼほぼフルスクラッチで作られてる方が!

http://campo7717.blog77.fc2.com/

↑これホント凄まじいです!
いつかはこんな風に模型を作ってみたいモンですが、多分無理(笑)
こんなの見ちゃうと、やる気急降下しそうなモンですが、筋金入りに気楽にいってますんで大丈夫なのですねぇ~
ただ、僕が作ったヤツはレーシングカーのくせに普通のタイヤなんで、ここら辺はいなろぐ様を見習って、改修してみたいところですね!
雰囲気もグッとアップすると思いますので、まずはこれを走らせた後考えましょう(笑)

IMG_0329.jpg

IMG_0333_20171121153916341.jpg

IMG_0331.jpg
IMG_0303.jpg

ニチモのバイオレットターボが完成しました。
これは友人のベースマンしろくまさんの所からやって来たものです。
昔のキットですので、モーターライズの上げ底仕様で、なんとデカールが無いんです!
ステッカーが付いてるだけなんですね(笑)
ほぼボディのガワだけが使える感じなんで、この際スロットカーに仕上げる事にしました。
IMG_0274.jpg

取り敢えず一度は走る姿を拝んだら、プラ板シャシーにくっつけて、しろくまさんに納車しようと思ってますので、ボディ側にほとんど全てのパーツを設置しなければならないんですね。
スロットカーだと大抵はドライバーの上半身のみのパーツなんですが、工作おじさんとしては、それは面白くないので出来るだけらしく作りたいわけです。
とは言えあんまりキッチリ作って重たくしてしまうと、走るときにかなりの支障がでますので、ほどほどにします(笑)
ボディに接着できるフロアパネルを0.2mmプラ板から拵えて、ダッシュボードもボディ側に接着できるようにしました。
そしてスロットカーはドライバー乗車がルールなんで、フィギュアとキット付属のヘルメットにエポパテ詰めて顔を作りました。
ホイールインナーはキットのモノをレジンで複製しました。

IMG_0275.jpg

プラ棒でロールケージをでっち上げまして、このアッセンブリーがボディにぶら下がると言うわけです。
このときコンソールを適当にジャンクパーツから持ってきましたが、これは70年代国産車にはあり得ないコンソールですね(笑)

IMG_0278.jpg

コンソールはプラ板曲げてレーシングカーっぽく修正しまして、塗装に入れる状態になりました。

IMG_0276.jpg

デカールが無いものですから、自作しなければなりません。
この車両は資料と言うものがほぼ皆無でございまして、箱絵からやら、かろうじて出てるミニカーからひねり出します。
まずはあたりを付けるためマスキングテープに書き込んでおきます。

DATSUN160J.jpg

IMG_0280_20171108154309781.jpg
白地が必要な個所をマスキングして、塗り分けましたが、結構な吹込みが…
実はエアプラシ用のシンナーが切れてしまって、普通の薄め液で塗ったのが原因のようです。
やってみたら、乾燥は早いし、問題無いなぁ~と思ってたんですが、結局表面が荒れ気味になるので、密着度が悪いんですね。
ケチをしてはイカンと思いました(笑)
まあ、コリコリスリスリ修正しまして、完成です。
IMG_0305.jpg

IMG_0306.jpg
2017.11.08 FORD MUSTANG 1966
IMG_0300.jpg

フォードムスタング1966年が完成しました。
キットはamtのものです。
何パターンかで作れるようになってましたが、今回は「キットのとおり」「どノーマル」で作る事にしました。
わりとあっさりした内容で、足回りはかなり簡素になっています。
IMG_0265.jpg

アメプラのキンキラメッキがあまり好きではないので、今回は全て剥離してから作業する事にしました。

IMG_0266.jpg

表面もそれほどうねって無く、綺麗なものでしたし、合いも悪くありません。
ちょっと拍子抜けしながらサクサク進めて仮組しましたら、もともと腰高な感じは良いんですが、ちょっとフロントが上過ぎるかと思い、1mm削り込んで下げています。
どノーマルの佇まいが新鮮に感じました。

IMG_0282_2017110815273491f.jpg
ボディカラーはアイボリーホワイトにしようかと思いましたが、流石にダル過ぎるかな?と思いグランプリホワイトで塗ってます。
内装はハンドルとパネルをウッド調にした以外は黒一色のお手軽塗装にしました。

IMG_0288.jpg

IMG_0297.jpg

ヘッドライトはキットのまま、唯一キンキラメッキを残したパーツですね(笑)
弄ろうかとも思いましたが、あえてそのままで組み上げました。
流石に気に入らなくなったら取り替えたいので両面テープで固定しましたが、全体のバランスから行ってこれはこれで「アリ」かなとも思ってます。
ワイパーもモールドのまま、本当にキット通りでつくりました。
IMG_0301.jpg

IMG_0299.jpg

IMG_0298.jpg
2017.10.25 Alpine Renault A310
IMG_0271.jpg
アルピーヌルノーA310が完成しました。
もともとのキットはグンゼの1/43キットでです。
sim.jpg
一応箱絵はラリー仕様になってますが、ホイールは市販車のままですね…
以前にニチモから出ている1/24のA310を作りましたが、あれは4気筒モデルでした。
http://komatsudaisuke.blog84.fc2.com/blog-entry-521.html
実は今回作ったこのキットはA310がV6になってからの車両をモデル化してるんですね。
ヘッドライトの形状が違っています。
更には、基本市販車をモデル化してますから、フェンダーアーチも非常に控え目なフォルムです。
このV6になってからの車両は、ガッツリのオーバーフェンダーでラリーに出場してます。
carbersonと言う物流企業がスポンサードしてる画像をよく見かけますが、それはもっと全体に張り出て(多分フェンダーごとのキット)ます。
ただ、探していますと、おそらくその前の段階だったのでしょう、申し訳程度のオーバーフェンダー仕様もあるみたいです。
好みでそちらを作りました。
IMG_0246.jpg
まずはリップスポイラー、オーバーフェンダーの芯になる部分をプラペーパーで作ります。
IMG_0247_20171025153203268.jpg
芯にパテ盛りしまして、タイヤはレジンの複製品としました。
その他、リアのウィング、シェードのパーツはプラ板で作り、ミラーは半田盛付け、補助ランプは1/43レジンキットのジャンクパーツから持ってきました。
IMG_0248.jpg
パーツはこれとクリアパーツのみという構成になります。
このあと、グレーサフ→ホワイトと塗装しました。
IMG_0249.jpg
デカールを自作するために、手書き(それにしても汚い…)であたりを付けます。
IMG_0250.jpg
印刷してサイズを確認します。
珍しく微調整無し一発で決まりました!
IMG_0251.jpg
デカールが貼られる個所は下地の白をいかすためマスキングしまして、順番塗装します。
黄色は一滴オレンジを混ぜて調色しまして、その後、キャラクターレッド→最後に黒です。
IMG_0252.jpg
なにやらまぬけですが、この後、黒バックのデカールを貼って行きます。
IMG_0254.jpg
この後クリアコートしました。あとは、ホイールをエッチングで作ろうかとも思いましたが、この時点で相当に牧歌的な雰囲気の出来ですので、バランスを欠くのでは(面倒くさい)との判断からデカールで処理してます。
1/43ですので、自由で良いんです(笑)
そして、プラークを貼り付け忘れてるのを今気づくんです(爆)
まあ、気楽に行ってますから!
で、完成と言う事にしちゃいます!
IMG_0269.jpg

IMG_0270.jpg

おまけ
http://www.geocities.jp/badsignsapporo/archive/alpine_renault_a310.pdf

今回作ったデカールデータを↑にアップしてます。
もしもこの記事を参考に作ってみようと言う方がいらっしゃいましたら、どうぞご自由にお持ちください。
あくまでも趣味の範疇で、個人の使用に限ります!
思いっきり商標だらけですからね(笑)
rallye des cevennes 1977
でグーグル先生に聞いてみると色々画像が出て来ますよ!
先輩から「作っていいよ~」と言われてホイホイ預かってきてました、メッサーシュミットが完成してます(笑)
納品するまで、随分長い間手元にありまして、この備忘録に掲載するのを忘れておりました。
キットはグンゼのハイテックキットです。
この前にも先輩から預かったフェラーリを作らせてもらいましたが、今回はダントツに手ごわいキットでしたね。
IMG_0220.jpg
実はグンゼのメッサーシュミットは以前にも作った事がありまして、友人のベースマンしろくまさんからいただいたキットを作りました。
http://komatsudaisuke.blog84.fc2.com/blog-entry-469.html
今回はハイテックキットと言う事で、キャノピー開閉、モール類が金属、エンジンパーツ及び幌パーツがホワイトメタルとなってます。
キットの内容の写真を撮り忘れたのが残念…
モール類の金属パーツが洋白線なんですが、この小さいタイヤのホイールアーチやら、リヤカウルに合わせて曲げろとやら、横の微妙なアールにフィットさせろとか…もう無理!
先輩には早々と敗北宣言を伝えておりました。
それでも自分ではかなり頑張って完成まで持って行きましたが、結局幌のホワイトメタルはレジンに置き換え、キャノピーのモールは見えなくなるのを良い事に省略してしまってます。
まだまだ上級者にはなれません…
IMG_0206.jpg
IMG_0222_201710211657569bc.jpg

IMG_0211.jpg

IMG_0224.jpg

IMG_0223.jpg