前回、タミヤのプジョー205Tを作ったんですが、実は「修作」的に作った部分があったんですね。


コレクションというところでは1/43がメインですので、このプジョー205T16も1/43のものが欲しかったんですね(笑)
で、エレールのプラキットで「パリダカ」出場車のものがあるので、改造して!と思っていたんですが、
これがなかなか上手くいかない・・・・
かなり長い間放置中でありましたが、「とりあえずタミヤの1/24を作ってみたら感じがわかるか?
と思い立って作ってみたわけです。

そしてやっと1/43の205Tを本格的にいじりだしました。
205t1.jpg
もともとはこんなボディーです。
パリダカ出場車ですので、ロングホールベースになってます。
その他、GPSやらベンチレーションシステムのせいか、ルーフの形状が違います。
mixiのコミュニティーで教えてもらったんですが、この仕様の他に、エレールからは
1000湖ラリー出場車の205TEvo2がリリースされているようです。
残念ながらちょっと入手不可ですので、ルーフをフラットにし、胴体をぶった切って短くします。
当然シャーシは合わなくなるため、リヤのホイールハウスのみ貰って、残りはプラ板から作ります。
205t2.jpg
さらにボディー側にプラ板でサイドスカート部を新造し、タミヤのものを参考にエンジン部分をでっち上げます。めちゃくちゃなオーバースケールです(爆)
205t4.jpg
どうせ裏は見えませんからと割り切って、プラ棒で車軸を作り、プラパイプを受けにして、エポキシパテで位置決めをしつつ「やんわりと」固定します。
真鍮線でハンダ組のロールバーを追加します。
205t6.jpg
205t7.jpg
ここまで出来ました。

ザ・工作! 模型つくりの楽しさを再発見です。
きれいに作ることも楽しいですが、「いじくりまわす」方が、僕は楽しいんですね。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://komatsudaisuke.blog84.fc2.com/tb.php/75-2154b925