2016.07.13 FERRARI 250GTO
250_8.jpg

フェラーリ250gtoを作りました。
キットはプロたーで、友人のベースマンしろくまさんから我が家へやって参りました。
いろんなメーカーからキットは出てますし、モデラーなら一回は作ってるみたいな印象がありますね(笑)

で、キットの中身ですが、ボディが、数多く分割されております。
250_1.jpg

フロントの部分は接着してから作業しないと、えらいことになりそうなんですが、先に接着しちゃうと、最後の上下合体時に不都合が生じます。
ここは潔く、シャーシ側に手を加えて、接着を優先しました。
古いキットと言う事も有るんでしょう、結構合いません(笑)
仮組を何度も繰り返して、なんとか許容範囲まで持っていきました。

途中でfacebookに「着手したよ~」と記事を上げたところ、溝呂木画伯からいろいろのご教授いただきました。
「プロターのキット、お尻が四角いんだよね~」との事…

250_2.jpg

確かに(笑)
他の方からも教えたいただいたり、ネットで画像を漁ってるうち、珍しく「気楽に」行けなくなり(笑)
すこしでもと切削を敢行いたしました。
250_3.jpg

ホントはもう少し追い込んで行かなくてはいけないんでしょうが、生来の根気の無さを露呈させまして、ここまでに(笑)
それでも、当初よりは格段に「らしく」なったような気がします。

まら、溝呂木画伯から「これフェラーリクラブの会長の所有だった車だよ」と教えてもらい、ネットで見つけた画像に近づけるべく奮闘いたしました。
ゼッケン部分が白く抜かれてますので、マスキングで表現することにします。
ルーフに名前のレタリングが入ってるみたいですので、デカールも作りました。
250_4.jpg

内装はそれほど凝った作りではありませんでしたが、つじつまは結構合ってくれます。
250_5.jpg
そしてこの後問題が発覚・・・・

なんと、ドアのヒンジが、成型不良なのか、設計上の不具合なのか、上下合体する際なダッシュボードと干渉して収まりません!
頑張ってこじ入れたら、破損…
結局ドア開閉は諦めざるを得ませんでした~残念!

とはいえ、なんとかボンネットフードだけは干渉も無く、開閉出来るようにしたので、まあ良いかと(笑)
で、完成です。
ferrari250gto.jpg

ferrari250gto_2.jpg

250_7.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://komatsudaisuke.blog84.fc2.com/tb.php/512-400b0b66