初のリンドバーグのキットでございます。
こやつもロースさんの下からやって参りました。
箱を開けて第一印象はまず「デカいな…」でございました(笑)
デカいのみならず、プラも厚いので、結構重量感あります。
モールドは大変しっかりしておりまして、アメプラ特有の「事故車」ライクなところは全く無く、バリもそれほどは有りません。
とは言え、結構いろいろ問題もありますので、少しずつ手を入れながら進めました。

まず、パーティングラインがかなりキツイです。
しかもメッキパーツにもそれが及んでおりましたので、取り敢えずフロントグリル以外全部剥離して整形しました。
組み立てに関しては結構タイトで、組み上がってからパーツを付けないと収まらい箇所が結構あります。
でも「これ一体モールドで全然良いのになぁ~」と思うようなパーツでして、結構面白がって組み立てました。
クリアパーツがひたすら分厚く、かなり悩みましたが、この車のウィンドウはかなり有機的なラインですので、塩ビに置き換えは無理と判断してそのままです(笑)
流石にヘッドライトパーツは「出目金」になっちゃう勢いなんで、アルミテープ+エポキシに置き換えました。
実はその前に透明レジンを使ったんですが、あまりにも透明で(笑)
多少気泡が入ってる方が「らしい」感じですね。
ドアノブ、バックミラーといったあたりは0.5mmの穴を空けて軸うちしましたが、フロントのオーナメントだけは厚みが不安でしたのでイモ付けしてあります。
ボディカラーはサフ→白→オレンジ→ハーマンレッド→クリア→研ぎ出しの順番を久しぶりにキチンと踏みました。
研ぎ出しはイマイチ甘く、磨き傷が綺麗に取り切れませんでしたが、角出しそうなんで諦めてます。

chevrolet_impala_ss_1961.jpg

chevrolet_impala_ss_3.jpg

chevrolet_impala_ss_2.jpg

chevrolet_impala_ss_engine.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://komatsudaisuke.blog84.fc2.com/tb.php/483-2e6b719b