手をつけてた、エレールのプジョー403ですが、とりあえずボディは赤に塗って、デカール貼って、クリアかけました。
で、グリルのメッキと窓枠の黒を吹くんで、マスキングします。
403_8.jpg
これが、予想をはるかに超えて難しい作業でした(笑)
ライトのグリルが結構飛び出してる上にグリルとの境がかなり狭いんですよね。
それと、センターのモールは気を付けないと異常に太いものになってしまいます。
とは言え、気楽に行ってますので、大体マスキング出来たら後ろはサランラップという、定番の手抜き塩梅です。
で、完成しました。
403_9.jpg

403_10.jpg

403_11.jpg

403_12.jpg

わりと簡単に作っちゃいましたが、自作4の403デカールが意外と効いてますね。
ただ、残念なのはクリアパーツ。
分割してフィットさせるまではよかったのですが、それにしても分厚い…
「まるでレジンのヨンサンだなぁ~」と言ってたんですから、ウィンドウパーツにもう少し気を使えば良かったですね・・・
横はプラ板ですが、ピラーをもう少し削って、せめてフロントだけでもヒートプレスにすべきでした。

とはいえ、この時代の難物キットをとりあえず成仏させましたのでね、それなりに満足でございます(笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://komatsudaisuke.blog84.fc2.com/tb.php/455-a83d318b