フィアットプントは、わりとスイスイ行きまして、通常クオリティーで完成の運びとなりました。
キットカーって、独特のコンパクト感がありますね。
変な話ですが、乗用車でこのサイズって、なんか売れそうも無いというか、どこら辺がターゲットか分かり辛いですね(笑)
fiat_punto_1.jpg

fiat_punto_2.jpg

思いっきり競技車両ですね。
ある意味潔さを感じます(笑)
カラーリングも通常大多数を占めるスポンサーロゴが無いので、それもまた不思議な印象を受けますね。

で、次にも手を付けております。
友人のベースマンから頂き物のキットです。

mustang_gtp_1.jpg
この辺疎いんですが、インターネットのおかげで、色々調べることが出来ました。
1983年のIMSA (CAMEL GT) Road America 500 Miles で優勝してる車両のようです。
http://www.racingsportscars.com/photo/Road_America-1983-08-21.html
調べていくとアメリカのレース事情って結構面白いですね~

で、キットを開けてみますとこんな感じ。
mustang_gtp_2.jpg
部品の数はそれほど多くありません。
むしろ、大型のパーツが多いためか、少なく感じます。
この車はいわゆる「プロトタイプ」ですので、シャシーもこんな構造なんですね。
ここで問題なのは、このキットはタミヤ様のものでは無いという事です(笑)
アメプラでございます…
はい、曲がっておりました(笑)
ボディーとシャシーが合わないので、ひたすら「ヒネヒネ」を繰り返し、やっとペーパーあてました。
mustang_gtp_3.jpg
いわゆる「Cカー」と決定的に違うのは、この車フロントエンジンなんですよね。
なんでそんな設計にしたのかよくわからないんですが・・・
きっとなんか考えるところが有ったんでしょうね。
御存じの方教えてください。

で、デカールコピーして、塗り分けラインを決めていきます。
mustang_gtp_4.jpg
わりとマスキングは楽チンでございまして、塗り分けてデカールを貼り始めました。
mustang_gtp_5.jpg
大判2枚で20分かかっちゃってます(笑)
なんせ古いんで、デカールは若干黄ばんでますし、印刷部分と、ニスの部分で収縮が異なってます…
大量のケミカルでなじませて貼って行きました。
Mustang_gtp_6.jpg
この後、クリアをかけましたが・・・

あれだけ大量にケミカルを使ったというのに・・・

噴火しましたorz…

しかも結構な箇所でorz…

一番ひどかったのがフロントで Ford Motorsport のロゴが再起不能になってしまい、除去する羽目に陥りました。
mustang_miss.jpgそれでも、少しは腕も上がってるだろうと、リカバリを敢行します。
1.jpg

でなんとかここまで。
3.jpg

「モデラー」を語るには恥ずかしいですが、なんとかリカバリ成功という事にして進めます。
なんせ気楽にいってますから(笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://komatsudaisuke.blog84.fc2.com/tb.php/435-76515761