1/43のレガシ―が完成したので、次は1/24行きますヨ。
これは前から作りたかった車両なんです。
スバル初のWRC優勝車両+コリン・マクレーのWRC初優勝という記念すべき車両です。
さらに、このイベントがレガシ―の最終ステージだったのです。
スバルは次のラウンドからはインプレッサを投入する事になってましたので、レガシーは「有終の美」を飾った訳なんですね。

で、レガシーのキットはハセガワから出てましたが、絶版になっており、オークションでもかなりの高値が付きます。
それでもしつこくウォッチし続け、なんとか当時の定価で落札出来たのがこれです。
DSCN1038.jpg
ただ、このキットは当然タバコロゴが無いですから、555のデカールを調達しなければなりません。
自作でやるには、相当勇気が要ります。
白デカール+黄色の2枚貼りでいくか、付属の黄色大判デカールをカットして、上からマスクする方法のどちらかという事になります。


ま、無理でしょう(笑)

まして、これはきちんと「コレクション」に加えたいし、貴重なキットなんですから、ここはおとなしく
スタジオ27のデカールを購入しました(笑)

さて、パーツを整形してボディーにサフを吹いた後、クリアパーツを当ててみると・・・・
ちょっとカッコ悪いですねこれ…
DSCN1041.jpg
ピラーとの隙間がかなり目立ちます。
取り敢えず、フロント&リアウィンドウはOKだったんで、そこだけパーツを使って、サイドはそれほど複雑でもないですから塩ビで行ってみようかと思います。
さて、どうなりますやら…
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://komatsudaisuke.blog84.fc2.com/tb.php/198-5952bc68