スーパーカー世代ですからね、やはり「サーキットの狼」は夢中になってまして(笑)
あの頃は訳もわからずに、ランボルギーニやらフェラーリと同じようにロータスだったんですが、いい加減自分で車を運転するようになると、かなりカテゴリー的に疑問が多い漫画だったな~と(笑)

ロータスはスーパーカーというにはちょっと毛色が違うような気がしますが、十分エキゾチックでカッコイイ車ですね。
構造がまさに「スポーツカー」な感じで、これまたカッコイイです!
Y字のフレームにエンジンをミッドにマウントして、車体は軽量という「王道」貫いた設計です。

で、今回はこれまた「王道」タミヤのキットです。
完全に素組なんですが、若干手をいれました。
lotus_1.jpg 

lotus_2.jpg
プラグキャップ、プラグコード、スロットルワイヤーを追加してあります。
lotus_3.jpg

外装は、アンテナ、キーホールと言ったあたりを虫ピンに置き換えました。
それと、JPSカラーで作りたかったので、デカールを自作しました。
JPSロゴとラインの色味が違うといやなのでラインも自作したのですが、ちょいと太すぎまして・・・・
なにやら下品になってしまいました(笑)

lotuseurope_1.jpg
今回は自作デカールの場合どれだけ段差を目立たなく出来るか挑戦の意味もあったのですが、やはり結構厳しかったようです。
クリアがぼってりしてしまったのと、厚みの割に乾燥時間が足りなかったのか、磨き傷が結構・・・・
lotuseurope_1 (1)

それでも蒸着インレットに助けれられて、それなりの雰囲気になりました。
このキットはずいぶん前にプラモデル復帰後すぐに作ったことがありましたが、さすがにその時よりは上手にできましたので、これはこれで満足です。


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://komatsudaisuke.blog84.fc2.com/tb.php/163-fb83bd8e