手をつけていたカリスマGTがやっと完成しました。
正直、1998年のWRC優勝車両を!ってんで作ってただけで、そんなに思い入れがあるわけでもなかったのですが、作ってるうちに「おお、かっちょええ!」と思ってしまったり・・・(笑)
いつものことながら「もうちょっと丁寧に作れば良かった」と後悔するのでありました。

で、これは1998年のサファリラリーウィナーでありまして、日本名はランサーエボリューションⅣというやつ。
当時、三菱のセカンドドライバーであった、リチャード・バーンズがドライブしておりまして、販売戦略の上から欧州名の「カリスマ」の名前で登録してあったものです。
リチャード・バーンズはこのラリーがWRC初優勝となりました。
DSCN0289.jpg

製作過程の馬鹿馬鹿しい動画はこちら

デカールの貼り忘れがあったりします(爆)

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://komatsudaisuke.blog84.fc2.com/tb.php/132-607684e9