FC2ブログ
IMG_0671.jpg
友人からの依頼品スズキカタナですが、西部警察仕様なんです!
スケールはビッグスケールですヨ!1/6です!
小さい頃西部警察はテレビでみてたような気がしますが、記憶はあいまいです(笑)
今はインターネットがあるんで、資料は当たり放題ですねぇ~それなりの画像をゲット出来ましたので早速改造に取り掛かりました。

IMG_0516.jpg
まずはフロントのビキニカウルの下に、フィンのようなパーツが有るのですが、カットされてるようなんで、まずはその整形です。
エッチングソ―でバッサリ行っちゃいます。

IMG_0519.jpg

IMG_0520_20190125102438f45.jpg
次は結構厄介でした。
バックステップ化されてるんですね。
シフトペダル、ブレーキペダルをマウントと共に製作しなくてはなりません。
厚紙で型取って、プラ板、プラ棒で製作していきます。
左右位置合わせが必要ですので、度々登場しますギター弦の中古が今回も大活躍です。
ブレーキシリンダーのマウントも必要になりました。

IMG_0521.jpg

IMG_0528.jpg
次は集合マフラーに変更しなくてはいけません。
元々の状態は左右2本ずつ分けられてますので、4本のエキパイは長さが2タイプに分かれます。
集合にすると短くなってしまい、継ぎ足す必要に迫られるんですね。
なので、長い方のエキパイをレジン複製しまして、同じ長さのエキパイ4本を束ねる事にします。
キットのパーツとエポパテ工作で集合部分を拵えて、それ以降はアルミパイプを繋げ、サイレンサー部分は径の違うアルミパイプを使いました。

IMG_0629.jpg
その他、ウィンカーは小さいモノに変更されてるので、、灯体部分をレジン複製、レンズ部分は透明アクリル棒から作る事にします。
バックステップ部分ですが、本来の形状では無いんですが、プラから削り出すよりも質感重視でアルミパイプをそのまま使う事にしました。
そして意外と苦労したのが、リアの形状変更でした。
シート形状の変更は、なんせスケールがデカいので、結構な労力(笑)
タンデム部分の窪みを埋めて、平にするのと、裾を絞らないといけないので、切れ目を入れて中に折り曲げた後、盛大なパテ盛りと切削作業でた形にしました。
この後、タンデム部分との境目に伸ばしランナーでリブを作ってます。
ートエンドの直後にテールランプ&ナンバープレートが付くようになっているようなんで、泥除けを短くカットしまして、小さめのテールランプをヒートプレスで作りました。
結局テールランプは作り直すことになっちゃいましたが…
上記改造パーツの完成した写真は以下になります。
結構頑張りました!(笑)
IMG_0673.jpg
カウル下の形状変更
IMG_0678_201901251025418ab.jpg

IMG_0674.jpg
バックステップ化
IMG_0676.jpg
シート形状変更、あえて100均のラッカースプレーで塗装してます。
皺になる感じが皮の風合いを出してくれるんですよね。

他に手を入れたり、省略したりは
IMG_0675.jpg
サイレンサー部分のアウトバーンのプレートは自作デカールをアルミテープに貼って表現しました。
そして、タンデムステップは省略されてるようなんで、付けてません。
IMG_0672.jpg
同様にセンタースタンドも外されているので、省略。
IMG_0679.jpg
なんとバックミラーも外されてます(笑)
IMG_0677_20190125102540afc.jpg
そして、結局は透明プラ板でハコ組したテールランプと、ナンバープレートのデカールを自作しました。
IMG_0670_20190125102623423.jpg
と言う事でなかなかの佇まいでございますよ!
大きいですから存在感もかなりあります!
喜んでくれると良いんですが・・・

スポンサーサイト



2019.01.23 Nissan Skyline GTR
IMG_0695.jpg
スカイラインGTRが完成しました。
キットはタミヤ、何となくGTRを続けて作ってるような気がします。
S20エンジンのハコスカを作って「昔はタミヤ様もエンジン付き作ってたんだよなぁ~」なんて思ってたら、この32Rもエンジン付きなんですもんね!
しかもボンネットパーツがクリアパーツになっていると言う!
IMG_0696_20190123135652a9f.jpg
ノーマルでしかも指示色通り塗ったら、なんだか地味・・・
まあ、それは良いんですが、このボンネットクリアパーツってのが曲者でして…
これ人気のキットだったんでしょうね?流石のタミヤ様でもいかんともしがたい金型の荒れが有るみたいで、珍しくチョコチョコと歪んでおります。
ヒネヒネでなんとかなる部分も有るんですが、ボンネットのクリアパーツをフィットさせようとちょっと捻じったらパッキーン!と・・・
よぉ~く見ないと分からない位には修正出来ましたが、結局ボディカラーに塗ってしまいました(笑)
IMG_0591.jpg
今回のパーツはこれだけです。
銀、黒、白しかないって感じですね・・・一応ボディカラーはパールホワイトにしてみました。
この時までは綺麗でしたが、クリアーのオーバーコートするときに埃を結構かんでしまったのに、全然気づかず、ちょっとトホホな出来になっちゃいましたorz・・
IMG_0692.jpg
リアのエンブレム類ですが、元々の成型色が黒だったので、ペーパー当てて地を出してます。
いつも角を出しちゃってトホホになってますが、今回は逆手にとれました!
IMG_0688_2019012313563041c.jpg
下廻りを程よく再現されているところにタミヤ様の矜持を感じますねぇ~
下廻りはあえて、ホームセンターで売ってるラッカースプレーを使って、ちょっとだけチジミ塗装っぽくしてみました。
IMG_0691.jpg
プロポーションの解釈は「タミヤ様にしては素直」と言う感じでしょうかね?
もっとグラマラスなデフォルメがほどこされるのかな?と思ってましたが、スッキリした印象です。
ただ、顔がちょっと…ここまで大きな切れ長の目では無いような気もするんですがねぇ~
IMG_0697.jpg
pontiac-gto_1.jpg
去年の暮れに完成しました。
ポンティアックGTOです。
キットはモノグラムの1/24で、モデルとしてはジャッジとなってましたね。
経年劣化が激しいですヨ~と言う事でオクで格安ゲットしたんですが、まさにデカールがアウトでございました(笑)
と言っても、メーター類はそもそもはっきりしないし、横のラインが無い個体もあるんだからイイや!と思ってたんですヨ。
ところが、試しに貼ってみる→やっぱりダメとなってから、ライン無しの状態を眺めると、なんとも寂しく…
で、超シンプルな黒一色デカールにしてみたら、なんかカッチョエエ!と自己満足全開になりましたとさ(笑)
pontiac-gto_3.jpg

もともと古いキットですので、やや歪んでたり、合いが悪かったりしましたが、なんとかつじつま合わせてます。
結構大きな車だなぁ~と言う印象ですね。
内装は、黒の指定でしたが、白の内装の写真を見て、いいなぁ~と思いまして、クレオスのセールカラーで塗ってます。
pontiac-gto_2.jpg
メッキは全て剥離して、ガイアのプレミアムクロームで塗ってます。
下地のトーンをホイールとバンパーで変えてみましたが、結構狙い通りでニヤニヤしております。
この塗料は面白いですね!
pontiac-gto_5.jpg
エンジンベイはわりと洗練されたパッケージングで、あまり見栄えが良く無いと言う(笑)
まあ、モノグラムのキットなんでそうなのかとは思いつつ、完全に説明書通りに組んでみました。
pontiac-gto_4.jpg
今回はボディカラーを成型色に出来るだけ近づくように調色しました。
説明書では赤で塗れとなってましたが(笑)
なかなかそれっぽい色で塗れたのではないかと自惚れています。
苦肉の策のブラックオンリーのライン+マークと相まって、スッキリした印象に仕上がったと思ってます。
そして、このトレッドが実にアメ車ライクで、ニヤニヤしちゃいます。