上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016.01.28 BRE DATSUN 240Z
bre240z_4.jpg
ユニオンから発売になってる、BREの240Zを作りました。
これは友人のベースマンしろくまさんからのいただき物です。
もともとのキットはレベルの1/25ですね。
シャシーのパーツにRevellの刻印を発見しました。

イヤ~かつてない程凄まじく苦労いたしました。
途中経過を記録する気力もなくなるほど、ひたすらパーツ整形しておりました。
なんせ「ずいぶん沢山ダボのあるパーツだなぁ~」と思ってよく見てみると、全部押しピン後のバリだったり、
なんでパネルラインが凸なんだ?と思ったらパーティングラインだったり(笑)
ウィンドウパーツは全て合わず、ダボ穴のサイズはほとんど合わず…

以下やった事ですが…
この実車は基本的にエンブレム類は全て外されており、ウィンカー、リアバンパーも排除されています。
ですので、ボディーのモールドをすべて削りとりました。
リアバンパーの取り付け部分は本来へこんでいますので、一旦切れ込みを入れて四角く穴を開けて、裏からふたをして
整形しています。
ウィンドウパーツは全てばらばらにしましたが、結局リアウィンドウ以外は新造となりました。
サイドの後ろ側は、プラ板の断面接着、フロントウィンドウは、まず窓枠の下部分が欠けてしまっていたので、プラ棒で枠を作って
塩ビに置き換えました。
なんだか疲れてしまったのか、ミスも連発(笑)
①ルーフにシンナーを飛ばしてしまい、リカバリーしようとしてドツボにはまる(色むらやばいです)
②フロントウィンドウの塩ビ板をエポキシで接着中なぜか固定してたマスキングテープがずれる(隙間開いちゃいました)
③ダッシュボートとボディーのクリアランスを取り忘れる(盛ったエポキシ分浮いちゃいました)
④リアのアクスルのダボ穴広げ過ぎて、位置決めがずれる(車輪の位置が事故車に)

取り敢えず形にはしたものの、かなり落ち込む出来となりました(笑)
粗製乱造ではやはりだめなんですなぁ~・・・・・

bre240z_1.jpg

bre240z_2.jpg

エンジンまわりは良い感じなんですが、キット付属のチューブがカッチカチになってまして、全然這わせることが出来ませんでした。
金属線で軸うちをやっておけば良かったんですが、エンジンマウントしちゃってからなんで、ギブアップ(笑)
これも拙速な作業が招いた結果なんですよね~

bre240z_3.jpg

bre240z_5.jpg

そんなこんなで、なんだが腰高の感じになってしまいまして、HOT WHEELS のような佇まいでございます。

う~ん リベンジしたいところなんですが、このキットは手に入りづらいですもんねぇ…
希少なキットを残念なことをしてしまいました…
スポンサーサイト
2016.01.23 SEAT CORDOBA WRC
2016年一発目はレーシング43の1/43キットからスタートです。
今年もロースさんから譲っていただきましたキットを作りますよ~(笑)
割と新しい目のキットなんで、チャチャっと完成を目論みましたが、なぜかウィンドウパーツが全然合わず…
結局ほぼほぼいつも通りの作業量+クオリティ(笑)で完成です。
seat_cordoba.jpg

seat_cordoba_2.jpg

キットの内容は素晴らしく、てんこ盛りのエッチングパーツでございまして、各種グリルの精密感は流石ですね。
デカールの状態もバッチリでしたが、なんせ隙間なくびっしり印刷されておりますので、切り出しを慎重にしなければならず、
二日にわたっての作業になりました。
なんせ老眼で目がショボショボに(笑)
今回ロールケージをキット付属のもので作ろうと思ったんですが、瞬着を駆使しましたが最終的に組み込むときにチカラが掛かるので、なかなかうまく行きませんでした。
覚悟を決めてはんだ付けを試みましたが、見事融解(笑)
結局いつもの針金での自作となりました。
cordoba_1.jpg

cordoba_3.jpg

シートベルトの金具も多数用意されてましたが、ギブアップ…
老眼鏡だけでは作業できない自分に、情けないやら腹が立つやら…
いよいよ、レンズ付き作業台が必要になってきそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。