上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
8jo_6.jpg
いえ、これ実在しませんよ(笑)
前にうちのバンドの洋介にプレゼントしたスバル22B作った時に、ロースさんからキットは調達したんですが、さすがロースさんと言うわけで、タミヤの市販車インプもおまけでくれたんです。
で、内装部分をいただきまして、作ったんですよ。
http://komatsudaisuke.blog84.fc2.com/blog-entry-364.html
それで、ボディとシャシーだけ余ってたんですね。
それで、まあおつきあいのあるライブバーの店主が、これのワゴンに乗っておりまして、別なお店のロゴ入りプラモの話題に興味があったご様子だったんで「作りましょうか?」と言う事で作ったんです。
せっかくなんで、プライベーターで2014年のラリー北海道に出場したことにしてでっち上げました。
ドライバーはスタッフのチアキさん、コドラが店主という(笑)
で、実際内装周りのパーツはもうないので、自作しました。
一番苦労したのはリアのホイールハウス周りでしたね~
ドカドカパテ盛ってやれば良いんでしょうが、何となくヨレヨレになってしまいそうなのと、削るのが面倒臭くて、プラ板フランケンシュタインでやっつけちゃいました。
ロールケージは普通の針金半田付け、無塗装(妙にリアル)、シートはレジンでの複製、一応消火器、
ラリコン、内貼りってなところを用意しました。
8jo_1.jpg
フロアパネルとダッシュボードはハセガワのセリカのジャンクパーツです。
デカールは店主からリクエストを聞いて適当に。
リクエストに無い自分のバンドのロゴも勝手にレイアウトしておきました。
どうせたいして見えませんので内装はこんな程度です。
8jo_2.jpg

8jo_3.jpg

とは言え、それなりに喜んでいただき、大層ごちそうになって帰ってきました(笑)

そして後に気づきます。

ボンピン忘れた・・・(爆)

補修決定ですね!
8jo_8.jpg

8jo_7.jpg

8jo_5.jpg

8jo_4.jpg
スポンサーサイト
2015.08.22 バブルカー2台
グンゼのキットを作りました。
友人のベースマンしろくまさんからの頂き物です。
結構なヒケがあったり、合いもイマイチではありましたが、なんとか完成です。
kr200isetta300.jpg

kr200isetta300_2.jpg

赤とシルバーのものがメッサーシュミットKR200
青と白のものがBMWイセッタ300です。
メッサーシュミットの方は、メッキを全部剥離してメッキシルバーで塗り直しました。
そしてなんとデカール製作中にアルプスプリンターがご逝去されまして…
後ろの部分はスタンピングリーフという、箔押しできる素材で作りました。
結構面白いんですが、横のデカールとの質感の差が大きいです(泣)
キャノピー部分の縁はパーツが用意されてましたが、あまりにも太く

イセッタはヘッドライトの片側がどっかへ行ってしまい、いくら探しても出てきませんでした・・・
仕方ないので、残った片方から型起こして複製しました(笑)
なにやってんでしょう…
僕の下手くそなプラモデルを飾ってくれてる友人のお店用に、もう一台作りました。
最初はシトロエン2CV
2cv_1.jpg

お次はプジョー203
peugeot203_8.jpg

シトロエン→プジョーときましたので、あとはルノーです。
実は店主はおフランスで修業した方でありまして、お店表記もフレンチなんでフランス車をプレゼントしてるわけです(笑)
で、フランスと言えばエレールでございまして、すべてエレールの1/43キットを製作しました。
今回もエレールのキットですが、もとはパリダカールラリー出場車なんですね。
実はそれも作りました。
renault20t.jpg
で、キットの内容はと言うと
こんなんです。
heller_remnault.jpg

そんでもって、やはり全然合いません(笑)
キットはバンパーレスですので、アルミ線でそれらしく作ってやります。
窓枠もプラ棒で追加して、前輪の向こう側が見通せてしまうので、壁を作りました。
その他、ウィンドウパーツが全然合わなかったので、塩ビ板で代用、ライトも塩ビ板にエポキシを盛りました。
細針金でワイパーを作ってあります。

手を入れたのはその位ですかね。
heller_renault_2.jpg

で完成です。
zaza_renault.jpg

zaza_renault_2.jpg

今回はちょっと渋めに、お店ロゴをリアウィンドウ下にあしらってみました。
ナンバープレートはお店の電話番号です。
まだ納品してませんが、気に入ってくれるでしょうかねぇ~・・・・
手を付けてたCUDAですがサフ吹いて黒くしておきます。
plymouth_cuda_4.jpg
付属のデカールをコピーして、hemiのロゴだけ後から貼ることにして、黒い部分をマスキングして、クレオスのクリアカラーの
アメジストパープルを吹きました。
plymouth_cuda_5.jpg
非常にいやらしい色です(笑)
クリアを吹く前ですと、微妙に艶消しになっており、見様によってはマジョーラカラーですね。
マスキングをはがしてデカールをはるとこうなります。
塗り分け部分がはっきりしないのがほぼ狙い通りです。
エンジンもプラグコードを追加してマウントしました。
plymouth_cuda_6.jpg


あとは組み立てて完成です。
エンジンはこんな感じです。

hemi.jpg

1971plymouth_hemi_cuda.jpg

1971plymouth_hemi_cuda_2.jpg
今回はディティールアップはプラグコード追加くらいでした。
その他エンブレム関係はモールドをそのままで、ドライブラシを試みましたが、なかなか難しいもんですね。
特にタイヤのGOOD YEAR のロゴはなかなか綺麗に塗料が乗らず苦労しました。
上手な人は面相筆で普通に塗装しちゃうんでしょうねぇ~
老眼でヒーヒー言ってる僕には無理でございました(笑)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。