上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
友人のベースマンにムスタングGTPを納品後、というか、同時にマイクロのマツダ323に手を付けてました。
キットはまたもやロースさんからウルトラ格安で譲ってもらったもの(笑)
もうここのところ、まともに購入したキットなんざありませんし…
もともとはちょっと詳細の分からないカラーリングだったんですが、せっかくならワークスのカラーで作ろうかなと思い、はじめました。
mazda323_1.jpg
キットは、ボディがレジン、他はホワイトメタルという構成でしたが、後部座席のパーツが入ってたので、そいつを使わず、プラ板でタイヤハウスを作りました。
ボディのほうは、気泡はほとんどなかったんですが、屋根がすっかり「落石を受けた」状態で落ちておりましたので、ライターであぶって「あちち」と言いながらなんとか修正いたしました。
あとは、タイヤがタイヤハウスの真ん中に来てなかったので、シャシーを削ってつじつま合わせをしています。
まあ、43のキットではよくある事ですので、なんのためらいも無く、ゴリゴリと削ってしまう訳です(笑)
で、今回はワークスカラーにしたいので、デカールを自作しなくちゃいけないんですが、リヤ周りのピンク?の部分と、フロントバンパーの一部に配置されたブルーは、流石に貼り辛いだろうと思い、塗装でやっちゃう事にします。
で、大体のラインを作って紙に一旦印刷し、位置を確認します。
mazda323_2.jpg
一応1991年のスウェディッシュラリーのつもりです。
この後、窓周りも一緒に塗り分けました。
mazda323_3.jpg
まあまあ、良い感じで出来ましたので、嬉しくなりまして、データーの確認を進めます。
mazda323_4.jpg
透明シールに印刷して、諸々の位置関係を確認するのですが、実際に貼ってみると、若干デカかったり、小さかったりしますね。
いつになく、慎重&丁寧に作業を進行させております。

が、ここまではウキウキと来てましたが、この後、仕事が立て込んでくるは、プライベートも忙しくなるわ、トラブルはくすぶるわで、どうにも落ち着いて作業する時間が取れずにおりました。
で、隙を見つけてデカール印刷して、急いで貼って…
案の定、いつものクオリティに下がって行きます(笑)
やはり、自作デカールの限界なんでしょうか、↑はインクジェットで印刷したものですが、本チャンはアルプスのマイクロドライで印刷したんですよ。
そしたら、水色が「島縞模様」で印刷されちゃうんですよね…
ベタ面が多い場合はインクジェットを使って、文字データや、特異な色だけアルプスを使えば良いんですが、つい版を分けるのが面倒で、アルプスのみでやってしまいました・・・
おまけにあちこち触ってるうちに僕の頭髪ばりに「薄く」なってしまい、やむなくスポット吹きでリカバリーする羽目に陥ります。
mazda323_5.jpg

もうこうなってくると、気分は急降下ですね・・・
さらに、先述した生活の状態では気分を持ち直すこともかなわず、いつもの「次行こ!次!!」になりまして完成です(笑)

Mazda323_01.jpg

Mazda323_03.jpg

Mazda323_02.jpg

とはいえ、完成は嬉しいもので、ついつい、祝杯など挙げてしまうのでした(笑)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。