今月中に完成しました。
相変わらずのこ汚い出来ですが、満足です(笑)
向上心は無いのか?と怒られそうですが「仕事」じゃないし…と言い訳中です。
今回は曲線が多いボディーだったんで、ちゃんと磨こうかとも思ったんですが、予想以上に劣化していたデカールが
クリア層の下で「縞模様」を作ってしまったので、あっさりパスしました(笑)
出来上がってみるとカッチョいいなぁと自惚れています。

まあ「気楽に」いってますんで(笑)
meri_celica14.jpg

meri_celica16.jpg

meri_celica13.jpg

meri_celica15.jpg
スポンサーサイト
2014.01.27 セリカST185(9)
窓を入れましたので、デカールを貼り付け、いよいよ上下合体させます。
車軸の固定はいつものエポキシパテです。
「ツライチ」「クリアランス無し」でパツンパツンですが、これくらいが模型映えがイイかと…
やはりタイヤ変えたのは正解だったような気がします。
あとは外装の小物取り付けを残すのみとなりました。
今月中に完成できるでしょうか?

meri_celica12.jpg
去年の12月にライブが入ってなくて、どっか誘ってよ~なんてfacebookで投稿したら
アッコちゃんが「焼き鳥屋でライブはどう?」とコメントがありました。
結局忘年会ライブをやったのと、日程が合わなかったんで
その焼き鳥屋ライブは実現しませんでしたが、昨日行ってきました。

場所が新琴似という、なんともマニアックな場所でございます。
とは言え、JRの駅から徒歩5分というところで、仕事から直行するにはグッドアクセスでございました。

毎月最終土曜日はライブの日となっているということで、お店についたら満席!!
店主が「今日はライブの日なんですけどぉ・・・」とおっしゃるので
「ああ、聞いてますヨ」と言ったところ

店主「誰から???」

僕「アッコちゃんから」

店主「ああああぁああぁあぁあぁああ~」

といった会話がなされて、無事お酒を飲ませてもらいました。

後で聞いた話ではアッコちゃんは「レギュラー」なんですな(笑)
店主も心の底から納得したわけですヨ。

お客さんはまあ、ほぼ全員歌ったりギター弾いたりの方だったんですが、アタクシも「飛び入り」ということで
小上がりに設えられたステージ?で歌ってまいりました。
お客さんがギタソロを入れてくれたりと、楽しくやってきました。
toritoshi.jpg

もう既に出来上がってますな(笑)

その後にもまた、「なんか歌え」状態でして、今度はカウンターで(笑)
まあ、楽しんで頂けたようです。
やはり「宴会でギター」は得意技ですな~
toritoshi2.jpg

2014.01.24 セリカST185(8)
窓枠を黒く塗って、窓を入れました。
サイドはエッチングパーツが用意されており「外はめ」タイプです。
塗装前に削り込んで、ピッタリ合うようにしたはずなんですが、塗装の厚みで上手く行きませんでした(泣)
meri_celica11.jpg

まだまだヘタッピーでございますわ。

他に黒いところを塗りますと、なんとなく「締まって」見えるんですが、毎度このあたりから加速度的に汚くなっていくであります(笑)
2014年明けてはや1ヶ月が経とうとしたあたりで、BAD SIGN 初興行でございます。
個人的には、人前で歌を歌う機会はそれなりに有ったのですが「本業」では今年初です。

今年は札幌以外の土地でもライブやりたいな~と思ってはおりますが、年々おっさんになりますからね、
うまくスケジュールが調整できる事を祈るばかりですな(笑)


『JUST A HERO』
1/31(金)open18:00 start18:30

SpiritualLounge札幌市中央区南2西4丁目10番地LARGE COUNTRY BLD.(LCビル)B1F

adv:\1,500 door:\1,800(plus1D\500)

Act : BAD SIGN / タダセンパイ(東京) / 拝啓ストロンチーノ /
HAPPY CANDY DSK / ヨシグチヒロユキ(shanghi) / コロナからの雨
IMG_3660_R.jpg


東京からタダセンパイが来ます。
tada.jpg

この日は弾き語り勢がそれなりに多いみたいですが、大丈夫でしょうか(笑)
僕らのお客さんって、弾き語り苦手な方がそれなりにいらっしゃるんですよね~

まあ、BAD SIGNは今年もドンガラガッシャーンで参ります。
どうぞよろしく!!
2014.01.22 セリカST185(7)
セリカは内装を進めてます。
シートを複製品にしたのと、ロールケージ自作しましので、上手く収めるのに苦労しました。
なんとか収めまして、その他もろもろを取り付けます。
せっかくのメタルキットですので、地金を出した状態で使用しました。
燃料タンクはいい感じだと思います。
meri_celica10.jpg
結構な部品点数なんですが、ほとんど見えませんね(笑)
例年ですと、我がBAD SIGNはいつものマイペースぶりを遺憾なく発揮しまして、ゆっくり始動なんですが、今年は「救世主ダマ」のバンドLeagalFictionでのライブが今年初ライブでございます。
20140119.jpg

はい、本日でございます(笑)

我々LeagalFictionは最初の出演です。
次にSOYS
そして最後は DELTRO
という順番でございます。

SOYSの斎藤師匠は去年のBAD SIGN忘年会的ライブにお越しいただき、BAD SIGNでたまに演奏している「What A Wonderful World」を一緒に演奏したのですが、ルイ・アームストロング風のスローテンポ→ラモーンズ風へという我々の変態アレンジを知らずに巻き込まれ「ちっともワンダフルじゃねぇーよオジサン!!」とご立腹でございました。
が、今回は自身のバンドですので、ワンダフルこの上なしとなる事でございましょう!

DELTROは仲良くしてもらってる柳田アニキのバンド。
個性炸裂の超カッコイイマニアックなバンドでございます。
一緒に呑んでる時は、ほぼ音楽やらバンドの話題にはなりませんが、一緒に出演ですと、少しは話題に登るでしょうか(笑)

とにもかくにも、友人でもあり、敬愛するプレーヤーであるお二方と一緒にライブをやるのは楽しみでございます。

柳田アニキからの指令で
「時間厳守」が至上命題になっております。
「時間通り始まって時間通り終わると、ゆっくり呑めるし早く帰れるから」だそうです…

なんだそりゃ(笑)

まあ、分からなくもない年齢層なのも事実ですが…

2014.01.19 セリカST185(6)
セリカのボディはもう一度クリアを吹いておきましたので、内装にかかります。
ダッシュボードはエッチングパーツが用意されていて、この立体感はとってもイイですね。
デカール表現とはレベルが違います。
それに比べると、シートはどうにも…
複製だとしても、もう少し丁寧に整形すればいいんでしょうが、つい頭に浮かんでしまうのは…

「どうせよく見えないよ」と囁く悪魔でございます(笑)
meri_celica9.jpg
エッチングにはエナメルのメタリックグレイを塗り、シートベルトはデカールを貼る予定ですが、今日はここまで。
2014.01.17 セリカST185(5)
今日は残りのデカールを貼り付け、一旦クリアがけしました。
なんと、久しぶりに「デカール噴火」をやらかしました(笑)
まあ、古いデカールで硬かったので、なるかな?とは思ってたんで、ショックはそれほどでもありませんでした。
もう一回丹念に潰して、クリア掛けすればなんとかなるでしょう。

さて、実はこのキット、重大な難点がございます。

シートが欠品してます(爆)

無しってわけにも行きませんので、複製したレジンのパーツを整形して使うことにします。
たしかこれはカローラWRCのだったな・・・
seet.jpg

本日はここまで。
meri_celica8.jpg
2014.01.16 セリカST185(4)
セリカは下地処理を完了ということにしちゃいまして、白塗ってデカール貼りに進みました。
デカールは見た目、全く問題無かったのですが、用心して不要部分(merikitsロゴ)でテストしたら、見事木端微塵になりました(汗)
慌ててリキッドデカールフィルムを塗りましたよ(笑)
まあ、そんな状態でしたので、結構硬くなっておりまして、マークソフターを塗り塗り、ここまで来ました。
mere_celica7.jpg
とりあえずカストロール部分だけです。
2014.01.15 セリカST185(3)
ホイールは結局キットのものを複製して作る事にします。
画像 197
ただ、スポーク部分がトータルで小さくなってしまうため、外側に巻き込んでいく感じが失われます・・・
おまけに、若干太い感じになってしまいそう・・・
まあ、妥協して進みます。
とりあえずサフ吹きました。
meri_celica5.jpg
お見事に「ス」が現れます。
溶きパテ→ペーパーがけ→サフのループを3回くらい繰り返しました。
レジンで複製したホイールもヤスリがけをしまくって、なんとか作りまして、ここまで終了です。
mere_celica6.jpg

2014.01.13 セリカST185(2)
どうにもキット付属のタイヤが大きく、気になってしょうがないので別売のタイヤに替えてみました。
付属のものから約1mm小さくなっています。
やはりこちらの方がしっくりきます。
ヒトデ(ホイールのスポーク)をなんとかプラから作ってみましたが、キットのものを複製して加工したほうが雰囲気良さそうです。
なんいかに取りつかれたように作業しましたが、多分「徒労」に終わりますね(笑)
meri_celica4.jpg
2014.01.12 セリカST185
年が明けてから、どうにも模型をいじる気力が抜けておりました。
バンド関係で、チョロチョロしたり、家族サービスしてみたりで調子に乗ってたら風邪ひいたというのもあります(笑)
とは言え、まったく触ってなかったわけでも無いので、とりあえずの状況を。

手をつけたのはメリのメタルキットです。
結構ディテール満載のキットですので、腰を据えてやろうと思い、2014年の一発目にチョイスしました。
merikito.jpg
わりと各パーツの合いも悪くなかったのですが、難点ももちろん有ります。
まずは、材質に起因するんですが、ホワイトメタルなんで「柔らかい」わけです。
で、結構いい感じのロールケージもパーツでは入ってますが、グニャグニャで使い物になりません。
頑張って針金で自作します。
meri_celica1.jpg
「持ち手」となってくれるのは、油粘土です。
たいていこの方式で支持してハンダ付けして行きます。
仕事で半田ごてを持った期間が、若干あったのですが、未だにその経験が生きてますね。
何故かハンダ付けは億劫でありません(笑)
meri_celica2.jpg
いつもは手抜きで後ろの部分だけですが、今回はちゃんと前の部分も作りました。
で、ボディをかぶせてみて、干渉がないかを確認します。
meri_celica3.jpg
無事収まってはいます…

が…

ホイールがでかいような気がします…

どうしましょう(笑)

2014.01.09 2014年初備忘録
2014年ももう9日が経過しましたが、年初の備忘録として。

1/1
実家にて穏やかに新年を迎えるも、朝から雪かき。
そして夜は寿司職人をやらされる。

1/2
実家の母とともにお買い物。
長女のスキー一式購入の際、母より「カンパ」を頂戴し、さらには昼食をおごってもらう。

1/3
妻の実家で昼食(昼酒付)をご馳走になる。
夜は焼肉でまた呑んで正月休みにケリを付ける。

1/4
仕事始め。
ウルトラ暇。

1/5
職場の新年会。終了後8JOに向かい、菊池マスターにご挨拶を果たす。
帰宅しようとしたらガジーにばったり会ってしまい拉致される。

1/6
仕事帰りにリックサックを背負った状態で転倒。
中に入れてた弁当箱の上に落下。
背中を強打。

1/7
我がバッドサインの「ON THE WAY」ダンロード販売が
プレミアムレーベルから開始される(100ダウンロードを達成してくれたそうだ)
この日は休みだったので友人の仕事の依頼で電気工事。
思いがけず「ギャラ」を頂いたので、夜はその金で友人と飲む。

1/8子供ら連れてスキーへ。
夜は8JOのオープンマイクに誘われていたので出かける。
皆さんの素晴らしい歌を聞き、楽しんでいたところ、なんとチアキさんの誕生日だったということで、
青木、まるさん、スティーブさんとセッションして歌のプレゼントとする(おお、ちぃっとカッコイイw)
1560372_586086361461350_951403382_n.jpg


という、暇なんだか忙しいんだか分からぬ年初で、全然模型に触っておりません…
2014.01.04 2013年備忘録
柳田アニキから進呈を受け、作業しておりましたデロリアン(バックトゥザフューチャー)が完成しました。
delorean9.jpg
年末の28日に忘年会と称して飲み会を開催したんですが、それに間に合うようにかなーり急ピッチで作りました。
以下、備忘録的製作記です。

まず進呈を受けたキットはこちら。
delorean1.jpg
アオシマからエッチングパーツを付けたスーパーディテール版として再発になったやつみたいです。
この箱絵がなかなかカッコよろしく、できればこんな質感で作りたいなーと思ってスタートしました。
まず、給油口が有ることになってますが、確認したところ、このタイムマシン号のモデルはここには無いようです。
delorean2.jpg
瞬着で埋めておきました。
裏側が妙にきっちりモールドされてまして、マスキングが大変でございます。
delorean3.jpg
内装は、エッチングがバッチリ効いていて、それなりの精密感がありますね。
cockpit3.jpg cockipit2.jpg

ボディーは今回、クレオスの「スーパーステンレス」という、一旦塗ったあと、こすると光沢が…という塗料を使ってみました。
まず一度塗った後、こすってみたら、とってもいい感じ!
「ヨッシャー」と思って、マスキングしてみたらあれれ?光沢が変わってしまいました…
諦めてシルバーで塗ろうかなとも思ったんですが、この質感にすっかり心奪われてしまい、先に黒&ガンメタ(支持ではグレー)を塗り、そっち側をマスキングして再度スーパーステンレスを吹きました。

delorean8.jpg delorean7.jpg

ボディ横の謎のケーブル配線は気合の筆塗りです。
一応エナメルで塗りましたが、シンナーで拭き取ると明らかに色が変わってしまうので、かなりビビリながらなんとか塗りました。
その他、リヤの「謎のメカ部分」に関しては、指示色をかなり無視した格好で模型的に映えるように塗りました。
ほとんどが筆塗りです。
ノズルの部分はエッチングを組み立てたものですが、流石に雰囲気があります。
残念ながら、多少接着剤がはみ出てしました(笑)
今回は綺麗に作るよりは、ちょっと使用感がある方が良い感じでしたので許してもらいましょう。
完成品は、柳田兄貴と呑んだら、必ずと言っていいほど来る店に寄贈されました。
http://saikorozinsei.jimdo.com/
delorean6.jpg

delorean5.jpg
このキット、アオシマらしいギミックが搭載されております。
底面のレバーを動かすと、タイヤが横になって「空を飛ぶ」マシンに早変わりです(笑)
delorean10.jpg
ただ、このギミックが曲者で、可動部分がプラなんで、どうしてもクラクラになります。
ですので、通常の走行状態に戻した時、タイヤがあっちこっちに向いてしまい、若干「事故車」の雰囲気になっちゃうんですね(笑)

ま、なんてったって「青島文化教材社」ですので、ご愛嬌でございます。