上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
狂気のグループBの時代が終わり、1987年からのWRCは市販車改造ベースのグループAで行われました。
1992年までランチャの覇権は続くのですが、時折伏兵が現れます。

現在もターマックイベントではF-2キットカーがWRカーを追い回したりしますが、1987年のツールドコルスでも意外なウィナ―が誕生しました。

BMW M3です。
1369Beguin_87_TDC_2_.jpg

ロスマンズカラーが決まってますね~
ロスマンズとモチュールがメインスポンサーなんで、ロイヤルブルー+金+赤の結構大胆でシンプルなカラーリングになってます。

ただ、これまたキットは出ておりませんで、スタジオ27からトランスキットが出てますが、フジミから出ているキットを元にする仕様です。
ヤフオクでこのキットは、超格安でゲットできましたので挑戦してみます。
m3kit.jpg
とはいえ、トランスキットは1万円オーバーですので、手が出せる訳も無く、ナンチャッテ改造で行きます(笑)

キットを開けてみて絶句します。
m3_1.jpg
出た!!おおらかなモータライズキット!!
レーシングカーのキットなのに内装は市販車…
電動ルーフのモールドはあるし、シートはバケットじゃないし…
さらに今回どうしても気になったのは足回りでして、もともとキットに付いていたスリックを履くと「ヤンキー車の引っ張りタイヤ」のような佇まいになります…

なので、適当にもう少しハイトのある市販車のタイヤ(多分タミヤのST165セリカ)を履かせてみます。
m3_2.jpg
少しはましになりましたが、やはりクリアランスが大きすぎるのと、トレッドが狭い。
更にはステアすると「物凄い大きな操舵角」になっちゃいます。

これはモータライズキットだから仕方がないんですが、どうにも格好が良くない訳ですねぇ。
しばし考えて(やる気が徐々にうせる中)一つの結論に達しました。

市販車をレプリカにして喜んでいるヲタな金持ちが乗ってる仕様
で作っちゃえと!!

これならタイヤがノーマルだろうが、立派なシートだろうが、後部座席があろうが関係ないのです(笑)
で、せめて電動ルーフの溝を埋めるくらいで、そのまま行く事にします。
m3_4.jpg
ただ、姿勢がどうしてもカッコわるいんで、プラ棒で工作しましてスポーティーな佇まいになるようにしました。
m3_3.jpg m3_5.jpg

左右で3ミリずつ外に拡張して、ナックルのステア位置も外に持ってきて、まあまあ違和感のない操舵角になるようにしました。

さてこの先どうなりますやら。
スポンサーサイト
本日お休み。
最近なんだかお休みの日は天候に恵まれないです。
そこで、今日もサイクリングやら、釣りやらのお外遊びはやめにして気分転換も兼ねて床屋へ行きました。
ちょいと最近は薄毛になりつつありましたので、バリっと短くしてきました。
キッチリ短くするとそんなに薄毛も気にならずで、まあ良かったですヨ(笑)

で、朝一から行ったので11時には帰宅して、妻と一緒にお出かけ、というか用足し。
本日給料日ですので、銀行廻りやらに付き合いました。
昼食は贅沢をして「外食」にしましょうということで、知人に教えてもらったお店に!


あら・・・
PAP_0134.jpg

がっかりでした・・・・

仕方ないので今日は話題のえびそばなるものを食しに、今来た道を逆方向へ。

PAP_0133.jpg

おいしゅうございました

月に一度の贅沢?
手を付けてたミニカーの再生は取り敢えず終了しました。
サフ吹いてあったので、元の色に近い色と言う事で「マルーン」に塗りました。
やっぱり下地がきちんとしてなくて、若干ガタガタ…

老眼だからでしょうか(笑)

まあ、やり直す気力も当然無いので、チャッチャと進めました。
デカールでエンブレムを作って、サッシ部分のメッキは、ダイキャスト素材ですのでね、地金を出してそれらしくしておきました。
datsun240z7.jpg
「え~いままよ」とクリアコート。
で完成です。
前に比べると見違えたのでこれはこれで楽しい作業でありました。
datsun240z8.jpg datsun240z9.jpg

さて、これまたチャッチャと進めてたルノーサンクですが、もう間もなく完成と言うところで大失敗!!
ヘッドライトのクリアーパーツをはめ込んだ時になんと割ってしまいました(泣)
仕方ないので、ヒートプレスでそれらしくしましてなんとか完成に持ち込みましたが、塗装は欠けるわ、
レンズのパターンがなくツルツルなんでいまいち間抜けです(笑)

とは言え、流石のタミヤ様的プロポーション解釈ですね。
佇まいがカッチョイイですよ。
基本的に白+黒+蛍光レッドというマルボロカラー。
これはやっぱりカッチョイイですね。
renault5turbo9.jpg renault5turbo11.jpg renault5turbo10.jpg
モーターライズの証拠動画!!
毎度馬鹿馬鹿しい事をやっております(笑)



昨日はお休み。
天気が良さそうだという情報で、渓流釣りを考えましたが先日来の大雨で未だ水が引けてない様子。
すごいですね、防災情報から川の水位がほぼリアルタイムで分かるんですから(笑)
で諦めて、ならばサイクリングだな~と思っていたらなにやら雲行きが怪しくなり…あらまあ雨…

結局半分ふてくされて、家にいる事にしました。
そしたら妻は友人と買い物、学校の図書ボランティアと、ほぼ家におらず、本当に独りっきりで家で過ごすこととなってしまい、悲しいような嬉しいようなひきこもりがスタートしたのでした。

プラモやりまくり!!

まず、ルノーサンクは人形を作りました。
renault5turbo7.jpg
昔友人に指摘されました。
「フィギュア超ヘタ!!」
ハイ、上手くはなっておりません(泣)
顔がね~上手く描けないんですね~
手書き、筆塗りを最近全くと言っていいほどしませんからねぇ…
それもさることながら、資料がないので想像で塗ってます。
ヘルメットだけはおそらくこうだろうというマーキングを自作デカールで表現しました。
それと室内はドライバーも入るし、わかんないので「まあイイや」で無塗装です(爆)
多分黒ベースだし、ペーパー当てたら良い感じにテカりが消えたんで良しにします。
ボディー以外は無塗装でと思いましたが、流石にホイールはメッキがうるさかったので、
内側にスモークっぽくセミグロスブラック塗っておきました。
で、デカール貼りも終わって、乾燥待ちです。
renault5turbo8.jpg
おお、カッチョエエ!!

で、デカールの乾燥待ちの間に、以前友人からもらった「塗装が激しく痛んだ」ミニカーのレストアを試みます。
datsun240z1.jpg
240Zです。
雨にあたったのか、水にされされそのまま放置されたものと思われます。
プロポーションは悪くないので、一旦分解し再塗装によるレストアをしたいと思います。
まずは分解。
かしめてあるダイキャストは、ドリルで削り取り、プラスチックパーツは溶かして溶かしてある部分を削り取ると、接着剤はほとんど使っていないようなので、割と綺麗に出来ます。
datsun240z2.jpg
ダイキャスト部分の塗装をはがすします。
datsun240z3.jpg
見事に白錆びが出てます。
ひたすらペーパーあてて、磨き続けます。
また、プラのメッキパーツは再塗装するためキッチンハイターに漬けておきます。
datsun240z4.jpg
多少見られるようになりました。
洗浄の後、乾燥させている間にさらに新たな作業を(爆)

legacy1.jpg
プロバンスのレジンキットに手を付けました!!
legacy2.jpg
取り敢えずロールバーを拵えたところで、ミニカーのほうは乾燥したようなので、サフを吹きます。
datsun240z5.jpg
メッキも上手くはがれています。
若干手直しをして塗装したいと思います。

うあ~こんな日は滅多にないだろうな~


先月末に東京で録音してきた音源がダウンロード開始になりました。
一回ダウンロード200円です(5回までダウンロード出来ます)。
PayPalでの支払いになりますので、アカウント登録が必要なんですが、それ程の手間ではないので
是非ダウンロードをお願いします。

この売り上げは全額、被災地宛の義援金になるというものです。
曲がりなりにも制作の一端を担っておりますんで(笑)DL数が寂しいと、僕も寂しいので
訪問者数の寂しいブログですが、こちらでも紹介させていただきます。

こちらからよろしく

dl.jpg

早速僕もダウンロードしました。
聞いてみたら結構採用されてて、嬉しいような、恥ずかしいような…
タミヤのルノー5ターボが再発で出ましたね。
オークションでもそんなに高値が付いてないのをなんで再販するのでしょうか?
少々疑問であります。
どうせならすぐ高値になっちゃうマツダの787Bとか再販すれば良いのに・・・・
まあ、いま欲しいプラモが↑これなんですけどね(笑)

で、もともとオークションでも安値で出てた古いキットを手に入れておりました。
当時モノですからね、モーターライズです。
ディスプレイとして作るかどうしようか決めないうちに手を付けました。
このルノーサンクは活躍した車なんで、いろんなカラーリングがあるんですが、
今回はまたもや自作デカールでマルボロ仕様で行こうと思います。
で、ググってみたら、なんとあのアランプロストが出場してたみたい・・・・

ならばこれでという事で、版を作って一旦透明シールに印刷してサイズ確認しました。
renault5turbo1.jpg
数も少ないし、シンプルですからね、行けそうです!!

で、サフ吹いてベースホワイトを吹いたところで気が付きました・・・・

アンテナの位置が
renault5turbo2.jpg
取り敢えず削ってやり直しました。
renault5turbo3.jpg
上手く削れて誤魔化せたので、一気にマルボロカラーに塗り分けました。
蛍光レッドに若干赤をいれて調色したものを吹きました。
renault5turbo4.jpg
ここでやっと決断します。
モーターライズで逝く!!

ガラクタの中からモーターを引っ張り出し、マウントします。
昔は動かなかったりしたよな~などと感慨にふけり試運転完了。
renault5turbo5.jpg

「動く」のはやっぱり面白いですな~(笑)
だからといってラジコンやらミニッツに行かない(行けない)僕ですがね。
やっぱり動くからには乗っけないとね。
renault5turbo6.jpg


長谷川さんの言う事を聞こうという主旨で作ってましたインプレッサが完成しました。
やっぱり新しいキットだからでしょうか、組み立てもスムーズで、楽ちんでした。
が、やっぱりエッチングパーツが廃止されていたのは少々残念。
シートベルトは手持ちのパーツに置き換えましたが、ボンネットピンはキットの物を使いました。
やっぱり存在感ありすぎですね~
ディテールアップパーツを使って作りましょうということなんでしょうかね。
そうなると、なかなか気楽に作れなくなりそうで残念ですがね。
ともあれ、今回は「ほぼ言われた通り」作りましたので、割と綺麗に仕上がりました。
研ぎ出しをしようかとおもいましたが、一度2000番までペーパーを当てて、かなり薄く希釈したクリアーを吹いたら良い感じだったので、コンパウンド掛けはパスしました。

今回のキットはグラベル用ですから「足が上がって」ます。
タイヤもグラベル用の感じが出ててかなり好みの感じです。
imprezza_wrc_1.jpg imprezza_wrc_2.jpg imprezza_wrc_3.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。