世界で活躍したフィンランド人のことを「フライングフィン」なんて言うらしいんですね。
それで、私が一応所属というか、参加しているfacebookのコミュニティーにWRC(We are Rallycarmodelers Community)というのがあって、今年のテーマがそのフライングフィン(だったと記憶してます)

で、フライングフィンといえば、僕の場合真っ先に思い出すのがユハ・カンクネンでありまして、彼が地元開催のWRCで初優勝した1000湖ラリーのランチアデルタを作ろうと思ったわけです。

キットはハセガワの以前作った赤デルタの「予備分」です。
デカールは使ってしまいましたが、パーツはそっくり残っていたので、デカールを別に調達して作ることにしました。

もともとの成型色が赤なので、結構慎重にサフ吹いて、用心に白サフも吹いて白くしました。
デカール貼った後にマスキングするにはかなりキワドイところまでデカールが来ますので、先に窓枠等の塗装を済ませました。
ここまでは割と順調。
ところが、別に調達したデカールがメチャクチャ固いんですよ…

CA3A0740.jpg

この状態にもってくるまで(デカール貼りのみね)に1時間かかってます(笑)
マークソフター、マークセッター、熱湯ティッシュ 総動員ですよ!!
それでもすでに折りたたみの個所はあやしくしわが寄っているという…

どうなりますやら、先行き不安であります。

途中で放棄することが無いように、自分にプレッシャーをかける意味で、あえての途中経過投稿です(笑)
スポンサーサイト
スバル360
てんとう虫の愛称でよく知られてますね。
ちょっと頑張ってプラモデルを作ってる感じだったんで、気楽に適当にパパッと作ろうと思いたち
アリイの1/32シリーズを模型屋に買いに行きました。

妻と一緒に出かけていたのですが、最初に手に取ったのはフェアレディーSR311。
「これ作ろうかな」と僕。
妻は「これが可愛いじゃない!」とこのキットに興味を示したので、財務省のご意向に従いました(笑)
いつもとは違うチョイスもまた面白かろうということで、今回は「手作り感満載」で作ることにしました。

とは言え、このキット、仮組してみたら、えらい「ローダウン」だったりしまして・・・・
正直全然可愛くないし、プロポーションもかな~り????

シャーシを改造して足を上げ、フロントバンパー削り取って、一段下にアルミ線で新造。
リヤをもっと丸っこくしたかったのですが、ボディーの角はプラが足りないため、ぎりぎりまで削ってエンド。

いじってるうちに、いろいろ手を加えたくなりましたが、ぐっとこらえて気楽に適当にパパッと完成です。

こきたなくてなんかいい感じですので、これはこれで良しとしましょう。

調色したクリーム色は結構いい感じですが、写真ではいまいちどぎつい印象ですね。
今回は写真も居間のガラステーブルの上において、ちゃちゃっと撮影しました。

CA3A0737.jpg   CA3A0738.jpg