前回のブログをアップした日に震災がおこったんですよね・・・
なんだかそんな日にカウンタックの話ってねぇ・・・少々落ち込んだ状態になっていました。

そんな日々だったんですが、昨日は我が家に新しい車(10万キロ走ってる中古ですが)も来たし、ライブを見に行って友人と酒を呑んだし、少しではありますが、元気を取り戻しつつあります。

チャリティーやら義捐金やらは元気になってからよく考えて実行しようと思います。

とりあえずオークションで手をつけるのが相当先になるようなプラモデルを売ろうと思います!

スポンサーサイト
ランボルギーニカウンタックといえば、我々スーパーカー世代で知らない人はいないと思われるくらい有名なんですが、そのモデルや生い立ちなんかは結構知られてなかったりしますよね。
で、少々時系列的にヒストリーをご紹介。
実はカウンタックの登場は1971のジュネーブショー。
このときの車名はカウンタック(クンタッチと呼ぶらしい)LP500だったんですね。
僕はこのスタイルが絶対一番格好いいカウンタックだと思ってます!
CountachLP500-01.jpg CountachLP500-03.jpg

で、こやつはオーバーヒート連発だったんで、量産できず、リヤに通称弁当箱のダクトを設け、更に馬力を落としたLP400がやっと1974年に量産出来る形で登場するわけです。
これが我々スーパーカー世代の「カウンタック」ですね。
countach_a.jpg

そのあと、太いタイヤを履くためオーバーフェンダーになったLP400S
これは「羽根」付いてません。これを改造して前後に羽根付けて、マフラーも12本出しちゃったのがキャノンボールに出てました。
lp400s.jpg

そして1982年、LP500Sが登場します。
エンジンも5リッターになり、羽根ついてますね。
2d39992f6378fa54b8b44c5417670bfd.jpg

この後、1985年エンジンを更に強力にしてフェラーリテスタロッサに対抗すべくクワトロバルボーレの登場。
f0e0261e938bd9c094713cba5e150a60.jpg

そして、1988年、ランボルギーニ社創立25周年記念となるカウンタックの最終型、25thアニバーサリーが1990年まで生産され、カウンタックシリーズの最大台数が生産されました。

その後はディアブロにバトンタッチという事になりました。

で、今回はご近所さんの友人が作りかけで放置していた25thアニバーサリーをもらって、完成させました。
もらったときはこの状態・・・
無塗装で接着は溶剤系ですので変色の嵐(爆)
DSCN0626.jpg

このキットはフジミのエンスージャストモデルの簡素版です。
エンジンその他中身は省略されてますが、パネルごとの分割はそのままです。
組んでみたら、変形もしていたのでしょう、全く合いません!!
とにかくヤスリがけをひたすら繰り返し、なんとかラインを出してはみましたが、今度は車体の姿勢がどうにもしっくりこないわけです。
で、シャーシ削って、組上がっているリアサスペンション部分をバラして、車軸を前に持ってきたり、ガルウィングは運転席側の開閉を諦めて接着したりして、なんとか形にしました。

DSCN0672.jpg

DSCN0670.jpg

DSCN0671.jpg


シルバーの塗装はやっぱり難しいですね。
気を付けてクリアを薄めに回数吹いたのですが、やっぱり金属粒子が浮かび上がるし、その割にクリア層は稼げていなくて、研ぎ出しのときにカド出しまくりですorz・・

先月、ナイスミドル音楽祭の副賞で録音してもらった時に、大会のときから事務局でお世話になっている方に「今回の録音に関わった人の名前とかあとで教えて」とお願いしておりました。
で、いろいろお話ししていると、その方の本職はデザイナーということがわかりまして、「じゃあ、せっかくだから、CDのジャケと裏ジャケみたいなデザインして教えて!」と図々しいお願いをしておりました。
そしたら、なななんと!このようなスンバラシイデータが送られてきたわけです!

bs_jkt_01_mihon.jpg

bs_bk_01_mihon.jpg


一応仕事でちょっとだけイラストレーターを使っているので、「せっかくならAIデータでお願い!」と頼んでいましたら、ファイル送付便で送ってくれました。

このロゴかっこよかったんでホームページのトップにも使わせてもらいました。
ありがたい話です。

プロの仕事ですね~
普段チョ~いいかげんにポスター作ってる自分が恥ずかしくなります・・・

それにしても
カッチョイイ!!
このままじゃ勿体ないような気がしておりますです・・・・