上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クリアの失敗にもめげず、ペーパーあてて、もう一回シルバー吹いて、クリア吹いてなんとか完成です。
本当に「タミヤ様」を堪能できるキットでした。
まったくといって良いほどストレート組みです。
指示に従わなかったところは、フロントバンパー内にナンバープレートが付くのですが、あまり好みではない感じだったので割愛してます。
その他は、ブレーキキャりパーの指定色が無かったので、カッパーを塗ったくらいでしょうか。
エンジン部分も手を入れず、キャップ部分の塗りわけと、オイルゲージを追加したくらいです。
GTR_5.jpg



それにしても、シルバーの塗装は難しいです。
GTR_6.jpg


結局クリアを厚く吹きすぎた際に、メタリック粒子が染み上がりを起こした感じになり、研ぎ出しの時突然下地っぽい面が出てきます。
もっと、回数を多めにして、じっくりクリアがけしないとだめみたいです。
大変勉強になりました。
PAP_0040.jpg

今回はなんとかごまかせたかな?といったところです。
ツヤがいいところはかなり良いんで、なんとかなってると思ってます。

ということで、コレは友人のクウガ君から作ってくれと頼まれたものなんで、彼のところへ行く予定ですが
ダメ出しされたらどうしようと、不安な日々であります・・・・
NISSAN_GTR
スポンサーサイト
GTR_4.jpg
タミヤ様よね~と順調に作ってました。
ボディーもサフ吹かないで直接タミヤの缶スプレー買ってきてシューっとやり、マスキングしてガンメタの塗り分けまではこれまでにないほど順調でしたが・・・
クリヤーを重ねるもなかなか艶はでず・・・・

あせってしまったオッサンはしつこく厚く吹きました。

泡が出来てました(泣)CA3A0587.jpg
タミヤの新しいキットってどんなモンなんだろうか?
いつもヤフオクで落とした古いキットやら、レジンキットやらを作っているので興味はありましたが、いかんせん
高い!

実売で3000円オーバーって・・・・

まあ、長い時間楽しめるのだから、焼き鳥屋行ってチョビラっと呑んで来るよりいいのかもね・・・

そんなところへ友人のクウガくんが作ってくれということで持ってきたのがコレ
GTR_1.jpg

R35のGT-Rです。
ボディーの成形色はグレーで「サフ色」です。
GTR_2.jpg
バチピタとはこのことですな!!
位置決め用のダボも、かつてと違い力のかかるところは土台部分に筋交い的な補強の入ったモノになってます。
細部に「タミヤの設計」というものを感じます。
さすがですねえ~

パーティングラインを消しただけで、いきなり塗ってみようかと思います。

エンジン部分は気合の一発抜き!です。
といってもインジェクションキットですのでスターターやらプロバンスやらの感じとは違ってます(あたりまえ)
エンジンブロックは再現されていませんが、上部パーツを組み合わせるとそれなりに見えてしまうあたり・・・・

脱帽 です。
GTR_ENGINE.jpg

塗りわけは大変といえば大変ですが「ラッカーとエナメルを使い分ければなんとかなるかな?」と思っていましたら、
説明書の色指定でラッカーとエナメルの指定がありました。

室内の塗りわけはちょっと大変です。
シートのショルダー部分がフラットレッドの指定ですが、モールドは無いので、先にラッカーのフラットレッドを塗り
5ミリ幅のマスキングテープを端を切らず貼り付けない状態で「なんとなく」マスキングしてエナメルを吹きました。
意外とうまく行ったようです。
空調の噴出し口や、スピーカーのリングをクロームシルバーでという指示ですが、等幅に塗るのはかなり難しいし
直径3ミリ以下のマスキングってのもかなり辛いので、極細針金を適当な太さの丸棒に巻いて(今回は精密ドライバーの軸)リングを作って貼り付けました。
雰囲気は良いようです。
それにしても、パーツ割が素晴らしいです。少ないパーツ点数でバッチリ精密感が出ます。
GTR_3.jpg
ハセガワのランエボⅤです。
なんとなくグラベル仕様のクルマを作りたいナーと思い、以前ヤフオクで激安でゲットしてた品。
パーツ構成もこんだけなので、楽勝だろうと思いきや、苦難が待ち受けていました。
EVO5.jpg
ネットでいろいろ検索してたら、どうやらこのキットは不人気の模様・・・
それもそのはず、天下のタミヤ様から同じくエボⅤが出てるじゃありませんか!
パーツ構成、作りやすさ、考証等、どう考えてもタミヤ様に軍配があがりそうです。
でもそんな事考えてもしょうがないんで、僕はハセガワで頑張ります。

とはいえ、考証が違うんですわ・・・
アンテナの位置だったり、塗装の指定が?なのはまあ良いとして、コレはいただけないのは以下の2点
1.ダッシュボードの形状が思いっきり違う。
2.バンパー上の補助灯?のカバーが再現されてない。

とりあえず、ここは目立つのでエポキシパテでなんとか造形を試みます。
PAP_0027.jpg

PAP_0028.jpg

この後、サフ→ベースホワイト→ホワイト→レッド塗りわけとわりと順調に進んで、デカール貼りで・・・・
挫折しました(泣)

このキットのデカールは、カルトグラフなんですが、固いし、ノリ弱いし・・・・
たしかに発色はすんばらしいんですが、僕には少々荷が重く、上手く貼れませんのですわ。
マークセッター使いまくりで何とか貼りましたが、クリアーかけたら・・・・

噴火

完全にやる気を無くしましたが、その後気を取り直して
ごまかし

ました・・・・・・

とりあえず完成です。
プロポーションは良いと思います。グラベル仕様の足が上がってる感じも気に入ってますが、
ハセガワのカルトデカールには3連敗中です(デルタ、カローラ、ランエボ)。
なんとかしなくては・・・
LANCER_EVO5_2.jpg

LANCER_EVO5_3.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。