クリアも乾いただろうということで、かる~く研ぎだして、インプレッサ完成です。
正直な~んにもやってません。
ロールバー追加したのと、アンテナがさすがに「極太」だったので伸ばしランナーに換えたくらいです。
impreza11.jpg impreza12.jpg

このキット、パーツの合いは文句無いんですが、ウィンドウパーツが分厚くて、サイドが「牛乳瓶の底」
になってたため、切り離してサイドは塩ビのヒートプレスに置き換えました。

が、もともとのパーツを型に使ったら、隙間が空いてしまいました・・・・
前後と一体になっていたので、正しい形になってただけで、分離するとかなり平坦になってしまったのでしょう。
どうせなら、一体になった状態からヒートプレスすればよかったかなと反省。
ま、息抜きにサラッと作った割にはそれなりのできばえです。

屋外で撮影してみました。
imp13.jpg imp14.jpg imp15.jpg



スポンサーサイト
意外とスイスイ進むインプレッサにやはり今回も落とし穴が待ち構えてました。
それはデカール!

版ズレがひどく、この蛍光カラーのイエローの下地に白がプリントされてなければならないのですが
これがかけているため、ブルーマイカの上に貼ると・・・


見えない

特にCピラー(っていうのかな?)に沢山連なるスポンサーが全くダメ・・・

で、しょうがないから自作。
imp.jpg

白と、黄色とそれぞれ単色でプリントして重ねました。
MDプリンタ大活躍!

意外とキッチリプリントできるんでびっくり!!
ただ、重ねあわせが難しい・・・なにしろ細かいですからね。

デカール自体は結構悲惨でしたが、こんな時に限って悲惨な失敗も無く、
貼り付けは順調で、世の中うまくいかんもんです。

クリアがけまで終了。

impreza9.jpg  impreza10.jpg

もっかいクリアを吹いて、今回は研ぎだしますか。
息抜きになってないですね。

エレールってタイヤもプラなのよね・・・
impreza4.jpg

しかも最中のように真ん中で貼りあわせるという・・・・・

しかもシャシーの凸にパッチンとはめるタイプなもんで、当然足回りはクラクラになるのよね。

んでいつものごとく、アルミパイプで車軸のガイドを作っちゃいます。
impreza5.jpg

こうしておいて、ピアノ線を中に通して、車軸として、接着すれば足回りはピシっとするはず(笑)

それと、いくらなんでもロールバーは無いと寂しいんで、真鍮線で半田付け。
後部のみの手抜きですが、雰囲気はアップするのでやっときます。
impreza6.jpg

ボディー周りの整形と内装はちゃちゃっと終わらせて、塗装開始。
今回はタミヤの缶スプレーなんでブワッと吹いて終了(笑)
impreza8.jpg   impreza7.jpg


ちょっとガンバルとまた息抜き手抜きでささっとなんか作りたくなりにけり・・・

エレールの1/43キットです。
impreza1.jpg

あいかわらず、プロポーションは良いと思います。

が、最近バンダイの1/43を作っても思いましたが、
このあたりの廉価版の1/43はなんとなく「タイヤがでかい」気がします。
完成品ミニカーと比べたり、レジンキットのタイヤと比べても明らかに大きいです。
プロポーションの解釈は大変好みなのですが、イマイチ??な感じがするのはこのあたりが原因かとも思います。

さてパーツ数はこんなもんですのでその気になれば5分で組み立て完了です。
パーツの合いも、タミヤほどではないにせよ、結構キッチリですし・・・・

impreza2.jpg


しかしこのパーツ割が理解できないんだよなー
impreza3.jpg

パテ埋め&ヤスリで整形がとりあえず必要になります。

もう失敗しまくりでしたが、とりあえず完成しました。

CA3A0408.jpg

振り返ると失敗箇所は以下のとおり

1)リヤウィングのカラーリングが間違い。
正しくは前の部分はボディーカラーの赤、後半2段の部分が白で、マルボロロゴが配置される。

2)左バックミラーのステーを折ってしまい、真鍮線でごまかした

3)フロントウィングがなんだか微妙に傾いている

4)水性トップコートを使ってしまったため、艶なしなうえ、指紋は付くわヨレルわで・・・orz

5)タイヤマーク(グッドイヤー)を内側にも貼らなきゃいけないんだけど、一個失敗して
数が足らなくなり外側のみ貼り付け

その他、塗装やら、パーティングラインの処理が超いい加減で無残な状態。
という、散々な出来ですが、それなりに見えるのはさすがはタミヤ。

CA3A0409.jpg CA3A0410.jpg



出来はともかくとしても組立作業はそりゃあ楽しくやらせてもらえました。
そこらへんもさすがタミヤと思わせます。

出来上がっちゃうと、また作りたくなるのがF-1のプラモだなぁぁぁぁ・・・

CA3A0411.jpg CA3A0414.jpg


水性クリアコート・・・・・
だめですなこりゃorz

か・わ・か・な・い・・・  一生乾かないんじゃないかと思うくらいですわ。
3日たってちょっと触ったら指紋が付くわ、ヨレるわって・・・ひどいモンですわ。
久しぶりにエンジンやらサスやら組み立てて(ディテールアップなしですが)
f310b8.jpg


おおーって思っていたのですが、肝心のカウルの塗装が全然ダメです。

結構デカールも精密だし、はっきり言ってもったいない出来になっちゃいました。
f310b9.jpg

ま、今回は自作の白文字デカールの実験と言うことでで、ささっと作ることにしたんですが、
「もうちょっと丁寧に作れば?」と自問自答しておる今日この頃です。

正直 F-1って全体像がなかなか見えづらく、完成を急いでしまう傾向があるようですね。
それと、カウルの仮組みは結構しっかりやったはずなんですが・・・・・・・



なんか合わない・・・・・orz・・・・・