上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっとミニクーパが完成しました。
今回は改造箇所が結構ありましたんで、がんばったぞという感じでしょうか。
CA3A0222.jpg CA3A0223.jpg

・改造箇所
CA3A0224.jpg
オーバーフェンダー(後付)にしました。
それに伴い、タイヤをワイド&深リム加工→原型作ってレジンでコピーしました。

CA3A0225.jpg
4連補助ライトを新造しました。
コトブキヤのアフターパーツに真鍮線でライトのリムを作り、エポキシを表面に流し込んであります。
1/43でよくやる小技なんですが、さすがにこのスケールではリアルさに欠けたかな・・・・
支柱部分を真鍮線で組んで、バンパーの後ろに穴を開け、ゴム系接着剤でつけてあるんで
気に入らなければ外せます(笑)

CA3A0226.jpg
イマイチ分かりませんが、マフラーのテールエンドをアルミパイプに置き換えました。
プラパーツよりは全然○です(自己満足)

CA3A0227.jpg
今回の最大の難所&ポイントの「モンテキャリア」。
銅線をハンダ付けで組んであります。本来は白なんですが、ルーフが黒なんで、シルバーに
塗っておきました。
ルーフへの固定及びタイヤの固定は1mmのラインテープです。
後で外すことも可能にしておきました。

CA3A0228.jpg
これもイマイチ分かりづらいですが、宮下君からのリクエスト「黒猫」を
エポキシパテで作ってみました。
かな~りいい加減な粘土工作風ですが、見えなくもないかと・・・・
両面テープで後部座席にくっつけてあるだけなんで、これも後から取りはずすことが出来ます。

CA3A0229.jpg
エンジンは、プラグコードを0.5mmの真鍮線でそれらしく増設したのみです。
このエンジン「フラットグリーン」なんですが、もうちょっと明るめのほうが模型としての見栄えは
よかったのかなと思います。

今回は「リクエスト」という事で、それなりに丁寧に作ったつもりでしたが、
さすがのタミヤといえど、金型が古いためか、けっこうなパーティングラインが存在してまして
そこの処理がイマイチ雑だったり、
リヤトランクのminicooperエンブレムが埋まりぎみになってしまってイマイチだったり、
窓枠のメッキモールを表現するために使ったメタルックの仕上がりがイマイチだったり、
反省点も多数です。


宮下君 これで許してくれ(笑)
スポンサーサイト
滑ったり転んだりしながら、ミニは進めています。
宮下君のリクエストはアイボリーに黒ルーフ(黒ストライプも予定)ということだったので
そのように塗り分けです。
ほこりをかんでしまい、一度800番のサンドペーパーで削ってからまた吹いたり、
自作のタイヤが思いせいか、ステア機能を残すと、なんとなくとっ散らかっちゃうんで固定しようと思い、チャレンジしたんですが、どうも今ひとつだったりと、ちぃとグズグズです・・・・・

なんか、深リムタイヤにした時点で1967年のモンテカルロ出場車っていうのは無理があるかと思いはじめたんで、そんなオールドラリーが大好きなイギリスのおっちゃんが「カスタムして乗ってます」仕様でいこうかと・・・

宮下君 すまん。

CA3A0188.jpg    CA3A0189.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。