上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.11.13 完成しました
クリアーパーツ装着は、割と上手くいきましたが、やはりこきたない出来になります。
最近、エポキシボンドの取り扱いが雑なため、手に付いたのを気付かずにあちこち触るのが原因であると判明したので、気をつけてみました。
たしかに、チェックすると結構な確率でそんな事やってます。
1/24なら「ああっ!」ってすぐわかるんですが、1/43はちっちゃいんで分かりづらいようです。

ま、少しずつ成長してるんでしょうか?
DSCN0183.jpg

このキットはメタルキットなんで、完成品はズシっと重くて佇まいが決まります。
反面なんとなくモールドが甘い感じがします。
今回はクリアがけして、デカール大噴火がありましたから、必然、クリア層が厚くなっちゃいました。
で、やっぱりシャープさが足りません。

とはいえ、市販のミニカーにはない味がありますので、OKでしょう。
DSCN0184.jpg

アンテナはエレキギターの4弦です。
ちょっと太かったですね(笑)
DSCN0188.jpg

↑大き目の画像です。
クリックすると大きくなりますので、あら捜ししてください(笑)
スポンサーサイト
デカールを貼りまして、クリアーを吹いたら大噴火!
「もう、何回おんなじことを繰り返すんだお前は?」とあきれて問いかける自分と「いつものことですけど何か?」
と、逆切れで開き直る自分がいたりしまして困ったもんでございます・・・・

で、ブツブツをなんとかつぶしてペーパーをかけて、再度クリアコートでやっとここまでのリカバリです。
DSCN0178.jpg

まあ、白一色で、シンプルこの上無しのマーキングなんでなんとか見られるかなというのが正直なところでしょう。
内装も出来上がったので、いよいよ、恐怖のクリアパーツ接着であります。
DSCN0177.jpg
久々にメタルキットに手をつけます。
こやつもやはりヤフオクでゲットしたもの。

なんだか、調べても画像をゲットできなかったりで、ためらっていましたが「適当上等!」ってことで開始です。
ヨーロッパラリー選手権の1999年サンマリノラリーの優勝車両のようです。
ネットで探しましたが、結果の記事は確認できて、たしかにこの車は走ってたようですが、画像を見つけられませんでした。

よって、レーシング43の説明書通りでくみ上げます。

相変わらず気楽に行きます(笑)
ford escort 001

ボディーはいい感じです。
ずんぐりしたエスコートの感じが出てると思ます。

ford escort 002

シャーシ側はこんな感じです。
シャーシとボディーの間に車軸がくるというキット構成になってます。

が、さっそく問題発覚。
その方式でくみ上げると、「ベタベタシャコタン」になってしまいます(笑)
手としては、ボディーとシャーシの間にスペーサーを入れて、シャーシを下げるという方法ですが、そうするとボディー下からシャーシがはみ出てしまします…

で、これ
ford escort 003

シャーシの下に軸を通すことにしました。
乱暴ですが43のキットはそんなもんです(笑)

そしてさらに問題が…

ウィングの寸法が足らず、ボディーと合いません(泣)
ウィングを半田で延長して、プラ板と組み合わせて作ることにします。
ford escort 004

とりあえずここまで出来ました。
ford escort 005
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。