上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.10.18 完成です
それにしても、デカールは最悪です(泣)
クリアをかけた後でも崩壊します・・・・

それでもやっぱりカッコいいんですね~デカールの欠け方が結構微妙で見ようによっては実車っぽい(まあ、そんなわけないのですが)と思えてしまいます(笑)
lancia delta 1989 sanremo017

ボンピンは土台のみキットのものを使い、リングは針金で作って組みました。
エッチングのリングってペラペラで存在感がないんですよね。
lancia delta 1989 sanremo015
逆に、マッドフラップは存在感ありすぎなので、ビニールテープで作ってます。
lancia delta 1989 sanremo016
ヘッドライトはハセガワのミラーフィニッシュを貼り込んだので、光り按配が、なかなか良いです。
lancia delta 1989 sanremo013
形に出来てめでたしめでたし(笑)
スポンサーサイト
lancia delta 1989 sanremo010
おお~!!

上手くいってるじゃないですか!
かな~り粘着力を落としてはいましたが、大変不安だったので、おそるおそるテープをはがしてみると、致命的なミスもなく上手くいきました。
黒ラインがはいると、安っぽかった見栄えもグッとアップします。
lancia delta 1989 sanremo011
グリルの赤いラインも上手く行きました。
ただ、網の部分が若干テカッてますので、あとからエナメルで艶消し黒を筆塗りすることにします。
一気にらしくなってきたので、気分が持ち直しました(笑)
僕はほとんどのプラモをヤフオクでゲットしているのですが、実はこのキットも、格安で2台確保しておりました。
一台はハイテクデカール、もう一台は通常のデカールです。
が、この通常デカールは一部くろずみが有るものでしたので「押さえ」だったんです。
delta1989.jpg
で、ハイテクデカールでチャレンジを開始しましたが、これが、経年劣化でかな~りボロボロと欠けてくれます(泣)
印刷もいまひとつ鮮明ではなく、つぶれた感じでトホホ…
そして案の定失敗しました(爆)

lancia delta 1989 sanremo007
結局、2台のキットから「ニコイチ」でどうにか貼ったという感じ…
ところが、貼った後いじくりまわしていると、ところどころ欠けてしまったりして…orz…
lancia delta 1989 sanremo008

なんだか安っぽくなってしまったです…

これ以上さわるとさらに崩壊が始まると思い、ヤケクソのクリアがけを決行!
写真を撮る暇もなく、修正&タッチアップの嵐でなんとか崩壊を食い止め、マスキングにかかりました。
絶対デカールを持って行かれると思い、かな~り粘着力を無くして貼りこみましたが、どうなりますやら
lancia delta 1989 sanremo009

もうこの段階で「次いこっ!!次!!」モード全開ですが(爆)


2010.10.12 赤デルタです
6年連続メイクスタイトルを獲得した、ランチア黄金期の中でも、多分このラリーだけに登場したカラーリングです。
通称「赤デルタ」
lancia delta 1989 sanremo002
このキットのバリエーションで、ロードモデルも出ていますので、ボディーのモールドは市販のものが残ってます。
給油口はラリ車両の場合反対側になるんですね。
で、市販車用の給油口はパテ埋めしておきます。
お決まりのパーティングラインを処理してサフを吹きました。
lancia delta 1989 sanremo003
通常はこの上にベースカラーとして、白を吹き、ピンクの下地へと行くのですが、今回はこのグレーサフの上にいきなりクレオスのスーパーイタリアンレッドを吹いてしまいます!!
なんとなく実車写真をみると、くすんだようなトーンっぽいのでチャレンジです。
lancia delta 1989 sanremo004
なんとなくいい感じ・・・

が!

lancia delta 1989 sanremo005

けずり忘れてました・・・・orz・・・・

lancia delta 1989 sanremo006

とりあえず修正してデカール貼りへ進みますが、ここで更なる試練があるわけです。
このキットはオークションで格安ゲットしたものなんですが、実はハイテクデカールバージョン。
剥離でカールというヤツで、通常のデカールと違い、「スライド」は出来ませんのです。

そう「一発勝負」

どうなりますやら・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。