やっと完成しました。
フジミのエンスージャストモデルは、ホントに手強い・・・
リベンジは50パーセントくらい出来たか?というところです。
dino11.jpg
やはりプラがやわいので、苦労します。それと、今回はひたすら合いませんでした・・・
本当はフロントのボンネット、エンジンフード、リアトランクが開閉できるんですが、それほどしっかり開くわけでもなく、また、ヒンジがプラではあまりにも貧弱でしたので、あっさりパスしました。
ただ、折角臓物を作ったので、はずして見れるようにしました。

dino13.jpg

下地にちゃんとピンクを塗ったのですが、やっぱりなんだかムラムラ(興奮するという意味ではなく)・・・
研ぎ出しはいい感じで進めてたらクリア層突破するという、相変わらず塗装関係がヘタレです。

製作に関してはほとんどストレートですが、ドアノブ(?)とキーホールが?だったんで、針金+ハンダ、虫ピンでそれぞれ自作しました。

それと、右側と左側でタイヤのオフセットが違います。
キットのまま組むと、結構奥に引っ込んじゃうんで、右側だけ、スペーサーをリヤ2mmフロント0.5mmいれて
「ツライチ」っぽくしてみました。
ただ、キットの通りのほうが、昔のスーパーカーらしいかもしれません。
タイヤはビス止めなので、気が向いたら、どちらかに統一するかもしれません。
dino12.jpg


パーツの合いは最悪でしたが、出来上がってみるとわりといい雰囲気です。
dino14.jpg

スポンサーサイト
ピンクの下地を作って、クレオスのスーパーイタリアンレッドをブワ~っと吹きました。
dino8.jpg
ウィンドウが結構うねってたのと、傷もあったりしたんで磨いてから借り組みしてみました。
dino9.jpg

「おお、いい雰囲気じゃ・・・」と思ってましたら落とし穴が・・・・

dino10.jpg

フロントフェンダーの「峰」のパーティングラインが「復活」を果たしておりまして・・・・
ペーパー当ててたら下地が・・・・Hello!って・・・・・


筋彫りで窓枠がはがれちゃいましたが、瞬間接着剤で補修して進めました。
結構パーティングラインがきついし、やっぱ「合わない」ですね。
接着した後、やすりがけ、パテ埋め等必要になりました。
それでもまあプロポーションは良いと思いますよ。

で、下地を一生懸命作りました。

今回は「赤いクルマ」にしようと思ってますので、サフの後ピンクを吹くと発色が良くなるという話なので
やってみることにします。

dino3.jpg

なんだか気持ちの悪いクルマになってますね(笑)

臓物はバンバン組み立てちゃって、クレオスのシルバーをブワッと吹いた後、
エナメルで少しだけウォッシング塗装してみました。

エキパイは全然合わないので、半田線で組みました。
雰囲気はいいようです。
dino4.jpg

プラグコードを追加しましたが「太すぎ」です(爆)
が、面白いのでそのまま行くことにします。