ロータス完成しました。今回はタミヤということで、大変作りやすく、楽しみながらスイスイ組み立てました。
ただ、タミヤはデカールの上からクリアーは塗るな!ということになっていて(実際このキットのインストにも書いてある)、「溶けたらお前のせいだかんな!」という態度をとってるわけなのだ。
確かにタミヤのデカールはクリアーをドバっと吹くと溶ける・・・・

しかしせっかくなら長い時間デカールを保護したいので、「ちょっとずつ」クリアーを重ねました。
それでも一部ヤヴァイ感じになりましたが・・・・

ウィング類の研ぎ出しって、ボクには相当ハードルが高いんで、あっさりパスして、メインのカウルのみ「あっさり」と研ぎだして、バランスが取れたなと思うくらいで終了しました。

F-1マシンであんまりテッカテカっていうのもどうかと思いますしね(笑)
lotus_99t_1.jpg

lotus_99t_2.jpg

lotus_99t_3.jpg

lotus_99t_4.jpg



スポンサーサイト
今年のF-1のチャンピョンも決まった事ですので、F-1マシンを作ろうと思い立ったのです。
なぜか最近作ったものはフェラーリ2台だったので、ちょっと古めでホンダエンジンのロータス99Tにしました。
パーツ点数が結構少なく、スイスイいってます。
まだキャメルのデカールが入っていた頃のキットですから、ちょい古めなんですが、さすがタミヤです。

パーティングラインこそ若干きつめで、ペーパーを当てますが、パーツの合いはバッチリです。
結構前にプジョーの405を作ったときに購入したタミヤのキャメルイエローの缶スプレーから
ボトルに取り出してエアブラシで吹いてみましたらまさに「キャメルイエロー」で感動してしまいました。とにかく説明書どおりに「きれいに」作ろうとおもってましたが、残念ながらタイヤマークが結構だめになってまして、貼ってみたら「貼りつかない」「砕ける」という状態になりました。
ホントは裏側もマークが入るんですが、仕方なく外側だけ、なんとか生きてるデカールでをつなぎ合わせて貼り付けました。(パーツ請求すりゃいいんですけどね)

で、ここまで完成。
lotus honda 99t