クリアも乾いただろうということで、かる~く研ぎだして、インプレッサ完成です。
正直な~んにもやってません。
ロールバー追加したのと、アンテナがさすがに「極太」だったので伸ばしランナーに換えたくらいです。
impreza11.jpg impreza12.jpg

このキット、パーツの合いは文句無いんですが、ウィンドウパーツが分厚くて、サイドが「牛乳瓶の底」
になってたため、切り離してサイドは塩ビのヒートプレスに置き換えました。

が、もともとのパーツを型に使ったら、隙間が空いてしまいました・・・・
前後と一体になっていたので、正しい形になってただけで、分離するとかなり平坦になってしまったのでしょう。
どうせなら、一体になった状態からヒートプレスすればよかったかなと反省。
ま、息抜きにサラッと作った割にはそれなりのできばえです。

屋外で撮影してみました。
imp13.jpg imp14.jpg imp15.jpg



スポンサーサイト
意外とスイスイ進むインプレッサにやはり今回も落とし穴が待ち構えてました。
それはデカール!

版ズレがひどく、この蛍光カラーのイエローの下地に白がプリントされてなければならないのですが
これがかけているため、ブルーマイカの上に貼ると・・・


見えない

特にCピラー(っていうのかな?)に沢山連なるスポンサーが全くダメ・・・

で、しょうがないから自作。
imp.jpg

白と、黄色とそれぞれ単色でプリントして重ねました。
MDプリンタ大活躍!

意外とキッチリプリントできるんでびっくり!!
ただ、重ねあわせが難しい・・・なにしろ細かいですからね。

デカール自体は結構悲惨でしたが、こんな時に限って悲惨な失敗も無く、
貼り付けは順調で、世の中うまくいかんもんです。

クリアがけまで終了。

impreza9.jpg  impreza10.jpg

もっかいクリアを吹いて、今回は研ぎだしますか。
息抜きになってないですね。

エレールってタイヤもプラなのよね・・・
impreza4.jpg

しかも最中のように真ん中で貼りあわせるという・・・・・

しかもシャシーの凸にパッチンとはめるタイプなもんで、当然足回りはクラクラになるのよね。

んでいつものごとく、アルミパイプで車軸のガイドを作っちゃいます。
impreza5.jpg

こうしておいて、ピアノ線を中に通して、車軸として、接着すれば足回りはピシっとするはず(笑)

それと、いくらなんでもロールバーは無いと寂しいんで、真鍮線で半田付け。
後部のみの手抜きですが、雰囲気はアップするのでやっときます。
impreza6.jpg

ボディー周りの整形と内装はちゃちゃっと終わらせて、塗装開始。
今回はタミヤの缶スプレーなんでブワッと吹いて終了(笑)
impreza8.jpg   impreza7.jpg


ちょっとガンバルとまた息抜き手抜きでささっとなんか作りたくなりにけり・・・

エレールの1/43キットです。
impreza1.jpg

あいかわらず、プロポーションは良いと思います。

が、最近バンダイの1/43を作っても思いましたが、
このあたりの廉価版の1/43はなんとなく「タイヤがでかい」気がします。
完成品ミニカーと比べたり、レジンキットのタイヤと比べても明らかに大きいです。
プロポーションの解釈は大変好みなのですが、イマイチ??な感じがするのはこのあたりが原因かとも思います。

さてパーツ数はこんなもんですのでその気になれば5分で組み立て完了です。
パーツの合いも、タミヤほどではないにせよ、結構キッチリですし・・・・

impreza2.jpg


しかしこのパーツ割が理解できないんだよなー
impreza3.jpg

パテ埋め&ヤスリで整形がとりあえず必要になります。